石山 Gateway Holdings(7708)がエナリス(6079)に対するIRを発表!

LINEで送る
Pocket

 

石山 Gateway Holdings(7708)がエナリス(6079)に対するIRを発表しました。

 

株式会社エナリスの当社子会社に対する訴訟提起について 

 

 

 

石山 Gateway Holdings(7708)は今日、エナリスが平成 26年10月31日に発表した株式会社GW長岡製作所(仮差押え時の商号「株式会社SPC」)に対する本訴訟の提起に関するお知らせに対し、「本件訴訟について、SPC は、本日現在、訴状の送達は受けておりません」と公表しています。

 

 

 

何なんだこれは……。

 

 

 

>本件公表には、エナリスが、SPC 所有の不動産について東京地方裁判所に不動産仮差押発令の申立を行い、平成 26 年 8 月 12 日、同裁判所より不動産仮差押命令が発令されたが、その後も、SPC より任意弁済等の申し出がなされないため、平成 26 年 10 月 30 日、東京地方裁判所に訴訟を提起した旨が記載されております。

 

本件訴訟について、SPC は、本日現在、訴状の送達は受けておりませんが、当社といたしましては、本件訴訟に係る請求の原因には理由がないものと考えており、誠に遺憾であると考えております。

出典 http://www.g-way.co.jp/?wpfb_dl=254

 

 

 

石山 Gateway Holdingsは「SPCは、本日現在、訴状の送達は受けていない」と公表しており、遺憾であることを主張しています。

 

 

 

>また、エナリスが本件公表において記載する発電施設と、当社孫会社であるGW鹿島発電所株式会社が木崎にて推進する発電施設とは別の施設です。
そして、SPC は、上記のとおり、エナリスに対して工事請負契約に基づいて工事代金を支払う債務を負っていないと考えていることから、平成 26 年 10 月 24 日付で、債務不存在確認訴訟を東京地方裁判所に提起いたしております。
当社といたしましては、今後、当社株主様の皆様にご迷惑が及ぶことのないよう、万全の対応を講じていく所存であります。当社は、本件について今後も状況の推移について適時に必要な事実を公表してまいります。

出典 http://www.g-way.co.jp/?wpfb_dl=254

 

ここで注目したいのは石山 Gateway Holdingsが述べている「また、エナリスが本件公表において記載する発電施設と、当社孫会社であるGW鹿島発電所株式会社が木崎にて推進する発電施設とは別の施設です」という見解であり、両社の意見に相違が生じている状態です。

 

 

私はどちらの言い分が正しいのか不明確なため、私の意見は述べません。

 

とりあえず言えることは私は石山 Gateway Holdingsの株もエナリスの株も両方持っていないため、今回の騒動は興味深くウォッチさせて頂きます。

 

まあ、この騒動は法律のプロでないと解決できない問題だと思うしね……。

 


スポンサードリンク