gumi (3903)が100人規模の希望退職者を募集すると発表

LINEで送る
Pocket

東証1部に上場しているgumi  (3903)が100人規模の希望退職者を募集すると発表しました。


出典 bb-relife.jp

gumiと言えば時価総額8兆円を目指している企業でありながら、上場して1年も経たない内に投資家を絶望させる下方修正を発表した会社です。

下方修正や韓国子会社の横領などが発覚したことにより、「負けgumi」だの「進歩gomi」だの言われているgumiは今東証1部で1番馬鹿にされている会社だと言えるでしょう。

希望退職に応募した人は会社都合の退職として扱い、特別退職金を支給する予定です。

時価総額8兆円を達成するどころか、いきなり人員削減の危機に陥っているgumiは今が最初の正念場だと言えるでしょう。

それにしてもgumiという会社名にしてしまったせいで「負けgumi」と呼ばれてしまうのは大変不憫です。

時価総額8兆円という大法螺を吹かなければここまで叩かれることもなかったのだと思いますが、あまりにも壮大な目標を掲げておきながら現在の結果が伴っていないのは馬鹿にされても仕方ないでしょう。

しかし、大きな目標を設定して行動するのは悪いことではありません。

大きな目標を公言するのは勇気が必要となります。1番良いのは目標を公言しないで淡々と物事に取り組むことですが、周囲に目標を語って自分を追い詰めてどうにかしてでも目標を達成しなければいけない状況に追い込むのはとても有効です。

しかし、gumiの大法螺吹きをまともに受け入れてしまった投資家は大きな損失が発生していると予測することができ、本当に時価総額8兆円を達成できるか否かは疑問が残ります。

負けgumiが勝ちgumiになることができるのか。

馬鹿にされ続けているgumiが今後、どのように挽回を果たしていくのか注目したいです。


スポンサードリンク