プロスペクト(3528)が第三者割当による払込が完了!

LINEで送る
Pocket

ついにプロスペクトが増資を完了しました。

第三者割当による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債払込完了に関するお知らせ 

 

>当社は、平成 26 年 10 月 27 日開催の取締役会において決議いたしました第三者割当による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(以下「本新株予約権付社債」といいます)の発行に関して、本日払込が完了いたしましたので下記のとおりお知らせいたします。
なお、本新株予約権付社債の詳細につきましては、平成 26 年 10 月 27 日付で開示いたしました「第三者割当による転換社債型新株予約権付社債の募集に関するお知らせ」をご参照ください。

出典 第三者割当による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債払込完了に関するお知らせ 

 

うーん、凄く良い。

 

今回の増資を通じて太陽光ビジネスに取り組むというのも個人的には良策だと思っており、今後のプロスペクトの発展が期待できます。

 

プロスペクトのアセットマネジメント事業の躍進も気になるのですが、「太陽光ビジネスという安定収益基盤を確保する」というのは長期的に見てかなり良い策であると判断しています。

しかも、今は太陽光ビジネスを展開する会社にとって追い風となる流れがきています。

 

電力5社、再生エネ買い取り再開へ まず九電 

 

大手電力5社は停止している再生可能エネルギーの買い取り手続きを再開する方針を定めており、今後太陽光ビジネスを展開するプロスペクトにとって良い流れが到来したと判断することができるのではないでしょうか。

 

何度も言うとおり、私はプロスペクトは長期で見て面白い銘柄だと思っています。

 

太陽光事業の開始、アセットマネジメント事業による推定含み益の高さ、追加緩和によって不動産価値向上と不動産需要の高まりという3つの流れに乗っているプロスペクトは本当に将来が楽しみです。

 


スポンサードリンク