「日本はテロに屈しない」と岡村国連大使が演説する

LINEで送る
Pocket

岡村国連大使が「日本はテロには屈しない」と演説しました。


出典 news.tbs.co.jp

ソース 「日本はテロに屈しない」=岡村国連大使演説

私は岡村国連大使の発言を支持します。ISISが2人の日本人を捕らえて2億ドルを請求している件が話題になっていますが、これを支払ってしまうと日本の外交力が弱まり、味を占めたテロ集団が次々と日本人を拉致して身代金を要求するのは目に見えているからです。

更に言えば今回2億ドルを支払ってしまうと国際社会の協調を乱すことになりますし、多くの犠牲者が発生する可能性の方が高いので私は2億ドルを支払うべきではないと考えています。ISISがこれ以上軍備力を強化すると世界経済に与えるダメージが増大するだけではなく、罪のない人々が更に殺戮されるリスクも上昇するからです。

ISISが身代金を要求しているのは軍備力を拡大したいからです。

ISISが今以上に軍備力を強化すると困るのは周辺諸国の人々です。日本人2人を助けるためにテロに屈して身代金を支払い、ISISの力を拡大させて周辺諸国の人々の犠牲を増やすのは社会正義に該当すると思っていません。

勿論、何度も言うとおり私は2人が助かって欲しいと望んでいますが、「2人を助けるために多くの犠牲者が発生するリスクが高まる」のは無視できないと考えているのです。

ISISが世界経済に与える影響も脅威ですし、投資家視点で考えればISISのこれ以上の軍備力の拡大は防ぐのが望ましいのです。

日本がテロに屈しない方針を貫くのは社会正義を成し遂げるために重要な決断だと思っています。岡村国連大使もこの発言を口にするのは大変勇気があることだと推測されますが、私は岡村国連大使の発言と行動を強く支持します。


スポンサードリンク