全世界の自動車市場の販売数は今後も上昇していく見込み

LINEで送る
Pocket

2020年までの自動車市場は今後も上昇していく見込みです。


出典 http://www.apple-international.com/pdf/startegy140328.pdf

上記のデータは2011年にみずほコーポレート銀行産業調査部が予測したデータで、多少データは古いのですが2020年までの推移予測が載っています。

上記のデータを見れば分かるのですが、今後需要が伸びる見込みが高いのは中国です。

中国における自動車市場需要は人口増を通じて更に成長することが予測できるため、中国方面で自動車ビジネスを行っている会社は今後の成長力に期待を抱くことが可能です。

業績を伸ばしたければ成長産業に身を置き、今後も成長が期待できる市場に参入するのが得策になります。中国に対して自動車を輸出している会社は円安の追い風も受けているため、今後も業績向上を予測することが可能です。

ベトナム地域も市場のパイが広がるという予想が出ていますが、やはり全体市場を見るとパイは狭いという印象は拭えません。

注目したいのがインド、中国、中南米の世界自動車販売数の増加予測であり、今後も成長を遂げる株が欲しければインドや中国などで自動車を販売している会社を狙うのは良策の1つです。

 


スポンサードリンク