gumi (3903)が営業赤字4億円に下方修正

LINEで送る
Pocket

2014年12月に東証一部に上場したばかりのgumi (3903)が下方修正を発表しました。


出典 thebridge.jp

2015年4月期の連結営業損益が4億円の赤字になる見通しだと発表したgumiは、同時に代表取締役社長の役員報酬の月額100%減額も公表しています。

ゲーム会社は安定した利益を得るのはとても難しく、今回の下方修正はビジネスモデル的に仕方ない部分は確かに存在するのですが、成長企業であるgumiが営業損益が4億円になるのはとても痛いニュースになります。

課金ユーザーの平均課金率が低下したのが下方修正の原因になります。本来であれば13億2900万円の営業利益を確保する見込みだったのですが、大幅な下方修正によってgumiのPTSもストップ安となっています。

浮き沈みの激しいゲーム業界で「世界を取る」と公言しているgumiですが、今回の結果は株主にとってかなりの痛手であり、今後gumiが新規タイトルを投入して挽回を果たすことができるかが問題になります。

そもそもgumiの業績は右肩上がりに向上していたわけではなく、以前から数多くの失敗を経験しています。

しかし、gumiは「勝つまでやる」という意識を保って失敗から何度も這い上がってきたメンタルの強い企業です。

今回下方修正を発表したのはとても残念なニュースですが、gumiが華麗なる復活を成し遂げることができるのか注目していきたいです。


スポンサードリンク