NYの医師がウイルス検査でエボラ出血熱の陽性反応を示す

LINEで送る
Pocket

西アフリカで医療活動に従事していた医師がNY(ニューヨーク)でエボラ出血熱のウイルス検査で陽性反応を示しました。

ソース http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDX0VP6KLVRN01.html


出典 www.examiner.com

世界はこの事実に震撼しており、世界経済の更なる打撃が予測されます。

 

「先進国ではエボラ出血熱は発生しない」と述べている人が大変多いのですが、その意見は誤りであることが発覚しました。今のところ、NY在住の医師はエボラ出血熱の陽性反応を示しただけであり、確定診断はまだ先の話になります。

 

超大国であるアメリカのNYでエボラ出血熱の陽性反応が出るのは世界の危機であり、日本も絶対安心とは言い切れないのが現状になります。

 

このニュースを通じてマスクを販売している川本産業(3604)は株価を12.20%まで上げており、富士フイルムを子会社に持つ富士フイルムホールディングス(4901)も株価を上げています。

 

アメリカNYでのエボラ出血熱陽性患者が出たのは世界を震え上がらせる事実であり、エボラ関連株を保有している投資家にとっては朗報です。

 

このままエボラ出血熱の拡大が続けばエボラ関連株は株価を伸ばすと予測しています。

 

エボラ出血熱が世界経済に与えている悪影響は大変強く、エボラ出血熱患者が増えれば増えるほど日経平均株価とダウが下落するという状態が続いています。

 

更にイスラム国の世界秩序を乱す行為も無視することができず今、世界は「エボラ出血熱とイスラム国の脅威」によって正念場を迎えています。

 

偉大なる人類が栄光ある勝利を掴み取りたければ平和を乱す元凶を全てこの世界から消し去り、エボラ出血熱を完全に抑え込むのが重要になります。

 

今後はエボラ出血熱とイスラム国の問題によって株価が大きく上下すると予測され、市場はますます乱れるものと考えられます。


スポンサードリンク