フィールズ (2767)が配信するアニマル×モンスターのダウンロード数が100万を突破

LINEで送る
Pocket

東証JASDAQに上場しているフィールズ (2767)は『アニマル×モンスター』を配信しているのですが、3月16日に100万ダウンロードを達成しました。


出典 appmedia.jp

順調にユーザー数を伸ばし続けているアニマル×モンスターはフィールズの売上向上に貢献している良作ゲームです。アニマル×モンスターは射出した玉を狙い入れて戦う白熱のバトルと奥深いRPGが合体した跳弾バトルRPGという特徴がウケ、多くの人に受け入れられているゲームです。

なめらかに動くキャラクターという要素が良く、修行や進化を通じてキャラクターを成長させ、奥深い育成要素が楽しめるとして人気を獲得しています。

フィールズ自体は安定成長を遂げている会社ではないのですが、2012年から2014年にかけて黒字経営を維持している安定企業です。更に特筆すべきは安定配当を支払っている点であり、予想配当利回りが2.65%というのはゲーム会社にしてはなかなか高い配当利回りではないでしょうか。

配当金を受け取りつつ、ゲームによる一発が狙えるのがフィールズの長所になります。

アニマル×モンスターのように万人ウケし、多くの人から好まれるゲームを配信しているという要素はとても高く評価することができます。

「血塗られた牙 虎王姫ビシャモンテ」や「獣を食らう悪魔」といったゲーム内イベントも積極的に開催しており、更にユーザー数を増やすことを狙っています。アニマル×モンスターが今後もユーザー数を伸ばし続け、課金額が向上したらフィールズ自体の業績にも大きな期待を抱くことが可能です。

安定配当を支払っているゲーム株ということで、フィールズ (2767)は注目したい会社の1つになります。


スポンサードリンク