南山学園が野村証券などを提訴! 88億円の損失を請求!

LINEで送る
Pocket

ソースはこちら

南山学園、野村証券など提訴=デリバティブ損失で88億円請求―東京地裁

 

私はこのニュースを見たとき、「やっちまったな」と思いました。やっちまったというのは229億円の損失を出したことではなく、88億円を請求している事実に対してです。

 

投資家のあなたなら理解して頂いていると思いますが、投資は自己責任です。

 

「公的性格の強い私立学校を設置する学校法人に対し、説明不十分なまま、活動に支障を生じさせるようなリスクの高い取引を勧めており、説明義務違反」という理由で野村証券などを訴えている南山学園ですが、この訴訟で勝てる可能性は物凄く低いでしょう。

 

投資は自己責任が原則となっているからです。


出典 economictimes.indiatimes.com

仮に南山学園の言い分が正しかったとしても、「リスクが高いことを理解できていない状態で投資すること」が論外だと思うのです。

 

だってそうですよね??

 

南山学園の主張は「説明義務違反だから88億円払え」という内容になりますが、私の意見を言わせて貰うと「説明しなきゃ理解できない金融商品に投資するなよ」というのが正直な気持ちです。

 

そもそも自分がどういう金融商品に投資しているのか理解できていない段階でリスクマネジメントに対する意識は低いです。大金を注ぎ込むのであれば「自分が理解できる金融商品を買う」のが普通になります。

 

野村証券も大変だなぁと思いました。

 

野村証券が本当に説明不十分だったか否かという点は気になりますが、仮に説明が足りていなかったとしても「証券会社は金融商品を売り込んで仕事をするのが普通」となるため、証券会社のセールストークを真正面から受け止める方が間違っているんですよ。

 

金融商品の知識に疎い人は「これだけの大企業が良いと勧めるなら安心だな」と勘違いする人が多いのですが、証券会社の立場になって考えてください。

 

証券会社からすれば別に顧客が儲けようか損しようが別に構わないのです。

 

損したら「あー残念でしたね(笑)」という話で片付けますし、利益を得たら「おめでとうございます! 次は○○に投資してもっと儲けましょう!」という形で手数料稼ぎやノルマ達成のために営業するのは当たり前です。

 

それが証券会社の商売なのですから。

 

南山学園が野村証券を訴えるのは自由ですが、「証券会社の言い分を信用したのが間違い」という点と、「自分が理解していない金融商品に投資しているのが間違い」という2点を猛省すべきです。

 

我々投資家から見たら、「え、投資は自己責任なのに証券会社訴えているのかよ……。過去にも判例が出ているのに……マジかよ……すげぇな…………」という形で終わるニュースになります。

 

「損失を出したから証券会社を訴える」というケースは腐るほど存在するのですが、いずれの裁判も負けています。

 

そもそも証券取引法42条の2で「損失補填等を禁止する」という証券取引法が成立されていますが、これは投資家の自己責任論を守るためです。このような背景が存在する日本で証券会社を投資損害賠償で訴えても徒労で終わることがほとんどなんですけどね……。

 

リーマン・ブラザーズも丸紅に対して投資損失の訴えを起こしたことがありましたが、丸紅の全面勝訴となっています。

 

>4月7日(ブルームバーグ):丸紅名義の書類に基づき投資した資金が回収不能になったとして旧リーマン・ブラザーズが300億円超の損害賠償を請求していた民事訴訟で丸紅は7日、東京地裁が丸紅全面勝訴の判決を6日付で言い渡したと発表した。リーマンの請求は棄却され、業績への影響はないとしている。控訴された場合でも自身の主張が認められるように対応するとしている。

出典 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LJ9H436TTDSD01.html

 

投資は自己責任なので気をつけましょう!

 


スポンサードリンク