10~12月期GDPは下方修正へ

LINEで送る
Pocket

10月から12月のGDPは下方修正となりました。

>内閣府が9日発表した平成26年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・4%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1・5%増となった。先月発表された速報値の前期比0・6%増、年率2・2%増から0・7ポイント下方修正した。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00000503-san-bus_all

2014年は消費税増税の駆け込み需要が発生し、その反動で個人消費は落ち込んでいたのですが、今回は「個人消費は増加したが設備投資が下方修正になった」というのがGDP下方修正の理由になります。

在庫投資は、寄与度が前期比0.2%増から0.2%減となっています。

内閣府が発表した情報によると、自動車や衣料品の在庫調整が進んだのが理由の1つとなります。個人消費が上方修正になっているのは良いニュースであり、小売業を中心とした会社が巻き返しを図る可能性が高くなります。

しかし、名目GDPは年率換算で3.9倍となっています。本来は4.5%の増加が予測されていたのですが、予想よりも低い数字が出てしまったというのが真実になります。

GDPは成長しているから問題ないと捉えるか、下方修正が発生したから危険だと捉えるかは各個人によって判断が変わりそうです。


スポンサードリンク