エボラ収束で株価が暴落している川本産業(3604)

LINEで送る
Pocket

このチャートを見てください。


これは東証2部に上場している川本産業(3604)のチャートで、急激に株価が値上がりした後に暴落していることが分かります。

 

川本産業も変わったなあ……。

 

「何で川本産業という地味な株の記事を書いているんだ?」と疑問を抱く人もいらっしゃると思うのですが、川本産業は昔私が保有していた株です。

 

2011年の頃も株価は360円台を推移して株価がほとんど動かない停滞株だったのですが、年間配当金を1万4000円受け取ることができるのが魅力でした。

 

川本産業は1年程度保有して別の株に乗り換えてしまったのですが、川本産業から配当金を振り込んで頂いてとてもありがたかった記憶があります。私は川本産業のように地味で目立たない企業が物凄く好きで、昔から地味な株を狙う投資スタイルを築いていたのですね。

 

ただ、今の川本産業はちょっと酷いです。

 

私が川本産業株を保有していたときは配当利回りが3%を超える割安高配当株だったのですが、私が株を売却した後に業績不振になって配当額を下げています。

 

 

今まで減配をしないことで評価されていた川本産業ですが、現在の予想配当利回りはたったの1.33%です。

 

 

それでも2011年と比較して株価が大して変化していないのは凄いのですが、株の価値だけを語るのであれば2011年の頃よりも劣化していると分析しています。

 

川本産業はマスクを販売している会社で、「エボラ出血熱の拡大によってマスク需要の拡大」が期待されてつい最近株価がストップ高になったのですが、エボラ出血熱が収束するという情報が発表されてからとてつもない暴落を引き起こしています。


出典 jsteyinmask.en.made-in-china.com

富士フイルムがエボラ出血熱に効果があると言われている「アビガン」を追加販売した影響により、「マスクの需要拡大の可能性は薄まる」と判断した投資家が株を売りまくったからここまで川本産業は株価が下がっているのですね。

 

ただ、エボラ出血熱の危険度はまだ低下したわけではありません。

 

川本産業は完全に仕手株扱いになっていますが、「アビガンが効果なし」というニュースが報道されたり、「アジア地域にエボラ患者が発生した」というニュースが流れたりすれば川本産業の株価は急激に上昇すると予測しています。

 

 

川本産業のホルダーにとって望ましい展開は日本にエボラが上陸すること。

 

 

日本でエボラ患者が発生すればほぼ間違いなく川本産業は注目を集めるでしょう。

 

エボラ出血熱が世界中に拡大し、更に脅威を増したら川本産業の株価は上がると予測しています。

 

ただ、エボラ出血熱の拡大で川本産業の株価が上がるのはどう考えてもおかしいんですよね……。

 

エボラ出血熱は空気感染することがないため、インフルエンザと違ってマスクで対処するのは間違っているのです。エボラ患者の汗や体液に触れたら感染する可能性が浮上しますが、空気感染しないのにマスク企業の川本産業の株価が上がるというのは少し変なのです。

 

川本産業はガーゼ、脱脂綿、医療用衛生材料などを販売しているため、エボラ出血熱患者が日本で出たら医療用品の需要が向上するので株価が上がる可能性は高いのですが、マスクの需要が高まるというのは本質的には関係がないはずです。

 

ただ、エボラ出血熱に関しては誤解している人も大変多いため、「マスクをつけて感染を防止しなければいけない」と考える人も大勢出てくると予測します。

 

 

その場合、やはりマスク需要が高まって川本産業は特需を受ける可能性が高いのです。

 

そもそもエボラ出血熱患者が日本で発生すると予測している人は川本産業ではなく、アビガンを取り扱っている富士フイルムホールディングス (4901)の株を買った方が確実なんですね。

 

アビガンは直接エボラ抑止に関係していますし。

 

川本産業はエボラ関連株だと言われていますが、直接的な治療にはあまり関係がないのです。自己資本比率も22.9%で有利子負債額も多く、長期投資に向いている株ではないので私だったら富士フイルムホールディングス (4901)の株を買います。

 

川本産業は2012年から2014年にかけて純利益を減らし続けていますが、富士フイルムホールディングスは増収増益を維持しています。

 

自己資本比率も63.4%と高く、エボラ問題が収束しても長期投資に切り替えられる柔軟性の高さが富士フイルムホールディングスの魅力になります。

 

川本産業は弱点が目立つ株なんですよ。

 

昔保有していた株を厳しく批評するのは少し嫌なのですが、川本産業はもっと頑張って欲しいと思います。川本産業は私の思い出株です。


スポンサードリンク