NISA口座の5割以上が休眠している実情

LINEで送る
Pocket

NISA口座の5割以上が休眠状態で稼働率が低いのが問題となっています。

>■口座の稼働はわずか45%

 NISAは年間100万円までの投資なら、株式、投資信託のの売却益や配当が非課税になる制度。ただ、2年目の現在、口座の稼働率でみると決して芳しい状況とはいえない。

 「当初の想定よりも相当低いと言わざるを得ない」。日本証券業協会の稲野和利会長は1月の定例会見で、現状のNISA口座の低稼働率を認めた。日証協によると、NISAで開設した口座のうち、実際に株式や投資信託などを買った割合は昨年末時点で45.1%。スタートから1年の節目で口座の稼働率は半分に届かず、過半数の約55%が休眠口座になった計算だ。

出典 鳴り物入り「NISA」5割超が“休眠”の悲惨 もがく証券業界

NISAに関しては様々な批判が存在し、その批判が的を射ているのも事実です。

例えばNISA口座は利益に対して税金がかからないのがメリットになりますが、逆に言えば損失が発生したときに損失の繰越ができないのが最大のデメリットです。そのため、利益が出せる人であればNISA口座は滅茶苦茶役に立つのですが、損失が発生したときのリスクが通常口座よりも高いのが問題点になります。

更に言えばNISAは100万円分までの投資資金しか活用できず、活用できる資金範囲が狭いというのもデメリットの1つになります。

長期投資に向いているというのがNISA口座のウリになりますが、長期投資ではなく短期売買にこだわる投機家も多いのでそういう人から見ればNISA口座は魅力的には映らないでしょう。

口座の稼働率が45%というのは非常に問題がある数字でしょう。

そもそもNISAは「貯蓄から投資へ」という流れを築くためにNISA口座を普及しようとしていたのですが、結果を見ると半数以上のNISA口座が活用されていないという状況が訪れています。

20代の若者のNISA普及率もとても低く、大多数のNISA利用者が高齢者に偏っています。

本来目的とされていた「投資への流れ」を成し遂げることはできておらず、まだまだNISAは改善の余地があると言えるでしょう。


スポンサードリンク