ディズニーランドの値上げ路線を続けるオリエンタルランド(4661)

LINEで送る
Pocket

オリエンタルランド(4661)は2015年4月から1デーパスを6400円から6900円に値上げされることに決定しました。これによって東京ディズニーランドの客単価を向上させる戦略を取っています。

4年に1回値上げをしていると有名なオリエンタルランドは強気な値上げ路線を歩み続けて営業利益を高め続けています。2010年から2014年にかけて営業利益を伸ばし続けているオリエンタルランドは、「客単価向上戦略」を通じて持続的な成長を遂げているのがウリです。


出典 http://www.olc.co.jp/resources/images/tdr/img_graph_profile_01.gif

上記のデータを見ても分かる通り、ゲスト一人あたりの売上高は順調に増加している様子です。オリエンタルランドはディズニーランド園内で使用する額を増やすことにより、営業利益と経常利益を増やす戦略を取って大成功を収めているのです。

何度も値上げし続ける経営姿勢には批判の声も巻き起こっていますが、それでもディズニーランドの人気は衰える傾向がありません。

子供の頃からディズニーランドに親しませ、大人になってもディズニー好きという人を作る長期戦略は功を制していると言っても過言ではないでしょう。東京ディズニーランドは国内、海外問わず多くの人々の憧れの地であり、「ディズニー」というブランドが確立されたことによって強気な値上げ路線を歩み続けることができると分析することも可能です。

値上げに関しては様々な批判が存在しますが、企業戦略という意味で見ると「高単価、高付加価値」を提供しているオリエンタルランドは実に儲かるビジネスを行っていると捉えることが可能です。


現にオリエンタルランドは値上げを続けたことによって、営業利益は増加し続けており、実際に株価も伸び続けています。消費者からすれば今回の値上げは全く嬉しくないのですが、株主からすれば更なる営業利益の増加が期待できるので成長株として捉えることが可能です。


スポンサードリンク