カルビー (2229)が筒入りポテチを販売し、年間売上高100億円を目指す

LINEで送る
Pocket

東証1部に上場しているカルビー (2229)が筒入りポテチを販売することを決めました。


出典 news.nicovideo.jp

今秋に筒入りポテチを販売する予定であり、筒入り型のポテチを販売するのは初めての試みです。年間売上高は100億円で、シェア43%を目指します。筒入りポテチと言えば「チップスター」という商品が有名ですが、カルビーが筒入りポテチを販売することによってチップスターの人気が筒入りポテチに流れる可能性があります。

元々カルビーのポテトチップスは多くの人から人気を得ており、食感が良く、味が美味しいということで高い評判を得ていました。

松本晃会長は「食感で世界一を目指したい」と語っており、食感という要素をウリにして売上高100億円を達成したいと望んでいます。

うすしお味、コンソメパンチ味の2種類を販売する予定であり、既存ビジネスの成長を維持しながら常に新しいジャンルに挑戦するカルビーは、大企業でありながらチャレンジ精神が旺盛な会社として評価することができます。

「ナンバーワンからダントツのナンバーワンを目指す」と貢献しているカルビーは、売上高や純利益を拡大し続けている成長企業です。

株価も右肩上がりに伸び続けており、今1番期待されているお菓子会社と言っても過言ではないでしょう。


業績は成長し続けており、株価も伸び続け、株主優待や配当金も存在するカルビーは本物の優良株だと評価することができます。東証1部上場の大企業でありながら衰えない成長力は素晴らしいの一言です。

筒入りポテチを投入して更なる売上拡大を狙うカルビーは、今以上の成長が期待できる大型株です。


スポンサードリンク