プロスペクト(3528)が自社株買いを実施していないことを発表

LINEで送る
Pocket

ソース 自己株式の取得状況および取得終了に関するお知らせ

 

>今回の自己株式の取得決議において自己株式の取得が出来なかった主な理由としましては、インサイダー取引規制への抵触に配慮して買付を見合わせた期間が長かったことがあげられます。
具体的には、第三者割当による転換社債型新株予約権付社債の発行決議および豊商事株式会社株式に対する公開買付けの開始に関する決議を行ったことに加え、平成26年5月23日以降、当社の株価が上昇傾向にあったことから、結果的に自己株式の取得ができないまま、日程の満了を迎えております。

出典 自己株式の取得状況および取得終了に関するお知らせ

 

そうだろうと思ったよ。

そもそも私はプロスペクトの自社株買いという材料は材料として見ていませんでした。なぜかと言うと「自社株買いなんて実施されるわけがない」と思っていたからです。

 

そんなことは私以外にも沢山のホルダーの方が周知していた事実でしょう。昔からプロスペクトの株を持っている人やプロスペクトについて詳しい人は、自社株買いという材料なんか全く重視していないはずです。

 

さて、今回自社株買いが行われなかった件に関してですが、私はこれで良いと思っています。

 

自社株買いなんかにお金を使用するくらいなら、もっと他のことに資金を活用して欲しい。具体的なことを言えばM&Aとかがそうなのですが、ついでに言えば太陽光も止めてほしいですね。

 

本当にカーティスがやりたいことは自社株買いでも太陽光でもないはず。

 

だから個人的な感想を申し上げれば、「自社株買いをしないのは当たり前で、そもそも重視すべき材料ではない」と考えています。

 

ただ、信頼は失うよね(笑)

 

日本人的な感覚として「やると言ったことをやらない」のは信頼を失う原因になります。だからプロスペクトは信頼できないだの、胡散臭いだの言われているのですが、相変わらずこの辺りがプロスペクトらしい。まあ、信頼できないと言いまくっているのは私自身なのですが……。

 

でも、それがプロスペクトの魅力です。

 

胡散臭いから魅力がある。胡散臭いから株価が安い。信頼できないからプロスペクトを敬遠する個人投資家が多く、低位株という形で反映されている。

一筋縄ではいかないプロスペクト。そこが良いんですよ(笑)

 

>今回の自己株式の取得決議において自己株式の取得が出来なかった主な理由としましては、インサイダー取引規制への抵触に配慮して買付を見合わせた期間が長かったことがあげられます。

出典 自己株式の取得状況および取得終了に関するお知らせ

 

ただ、この文章を読むと実はかなり配慮しているのではないかと感じます。

要するにインサイダー取引規制に抵触する方がアウトですから、そういう観点で分析すると「筋を通した対応をしている」と捉えることもできます。まあ、大多数の投資家は今回の自社株買いゼロという結果に対し、プロスペクトに対する不信感を募らせると思いますが……。

 

そもそもプロスペクトの注目ポイントは自社株買いじゃないんですよね。

 

自社株買いする株を狙うのであれば、わざわざプロスペクトなんか買う必要はない。大体プロスペクト自身も「自社株買いを通じて株価を上げる」という戦略は重視していないでしょう。自社株買いなんかどうでも良いくらい魅力と胡散臭さが詰まった株なのですから。


スポンサードリンク