プロスペクト (3528)が遺憾というIRを出す

LINEで送る
Pocket

豊商事がTOBに反対した件について、プロスペクトが遺憾と申し上げております。

>当社による豊商事株式会社(以下、「対象者」といいます。)株式に対する公開買付けに関して、対象者から平成 27 年1月 30 日に反対の意見表明が開示されております。

当社は、本公開買付けの意義と当社の意図を対象者にご理解いただけず、ご賛同いただけなかったことについて、誠に遺憾に思っております。当社が設定した買付価格その他の条件は慎重に検討したうえで決定したもので、現時点においても妥当なものと考えておりますが、この点についてもご理解が得られなかったことを残念に思っております。

当社は、今後も対象者の経営陣との協議を行いながら、今後の対応方針を検討する所存です。

出典 豊商事株式会社からの公開買付けに関する意見表明(反対)についての当社の対応について

ほんと、このIRはどうでも良いな(笑)

しかし、プロスペクトは本気で「遺憾」だと思っているのでしょうか。プロスペクトの取っている行動を人間で例えると以下の通りになります。(ガチンコだと仮定した場合)

突然女の子(豊商事)に告白(TOB)する。



最初は考えさせて欲しいと返事を貰う。(留保)



考えて欲しいと言われたプロスペクトは「告白(TOB)を前向きに考えてくれてありがとう! 歓迎するよ!」と、誰もが驚く超ポジティブ思考を発揮する。



その後、フラれる。(TOB反対表明)
フラれた理由は一方的に告白(TOB)してきたことと、私はそんなに安い女じゃない!と豊商事がゴネたこと。(TOB価格が安すぎるという意見)



フラれた後、プロスペクトは「理解してくれなくてとても残念。僕の出した条件は今考えても妥当なものだと思っているけど、理解が得られなかったのが残念。今後は対応方針を検討するね!」と述べる。

なにこれ……。

申し訳ないけど私はプロスペクトが「本気で遺憾」だと感じているとは思っていません。だって人間で例えたらいきなり告白して振られて、落ち込む素振りを見せながらも「まだ諦めないよ!」と言っているようなものだからです。


出典 latte9202.jugem.jp

日本では敵対的TOBの成功例は2000年以降存在しないのに、まさかいきなりTOBを仕掛けて成功するとはプロスペクトも思ってないでしょう。

プロスペクトはそこまで馬鹿じゃない。だから今回書かれた「遺憾」という言葉が物凄く嘘臭く思えるのです。

でも、良いですよねー。このスピード感は。

やはりカーティスのような外国人経営者は迅速でスピード感があってとても好きです。今回のIRも明らかに個人投資家を意識していますし、私はプロスペクトのそういうところが好きだ!

スピード感抜群の経営! フラれても諦めないポジティブな姿勢! プロスペクトからは「人生」を学べる! そう、人生。何事も前向きに努力することが大切という姿勢をプロスペクトから学べるのです。

1番気になるのは「当社は、今後も対象者の経営陣との協議を行いながら、今後の対応方針を検討する所存です」という文章でしょう。この文章を読む限りTOBの条件を変更すると推測することができますが、ここからがカーティスの腕の見せどころのような気がします。


スポンサードリンク