プロスペクト(3528)は一体どうなってしまったのか

LINEで送る
Pocket

本日も驚異的な株価の値上がりを維持したプロスペクト。


なんなんだこれは……。

 

私はプロスペクトを一切取引しておらず、平均取得単価62円のプロスペクト4万1000株は今もホールドしている状態です。何の材料も出ていないのにここまで株価が上がっているのは驚きであり、低位株の爆発力を強く実感しております。

 

私は以前、「低位株は動いたら止められない」と述べましたが、今のプロスペクトは爆発株です。新たな材料は出ていませんが、爆発的に株価が上がっているのは低位株本来の良さが発生しているものだと分析しています。

 

こんなに値動きが激しい中、プロスペクトを一切売買していないのはどうかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

私自身は短期売買目的でプロスペクトを狙うのもアリだと思っています。短期だろうが長期だろうがそれは人の投資スタイルになるため、私が口出しする権利はありません。

ただ、私自身は以前と変わらずホールドを続ける予定であり、予想外の株価の値上がりに対しても冷静になって株を保有することを決めています。

 

本当は1円か2円ずつ株価を上げるのが理想だと判断しています。

 

無理せずコツコツ株価を上げることによって資産を増やすことをイメージしていたのです。「毎日1円上がれば日給4万円になるから良いなー」と軽く考えていたのですが、今のこの結果は本当に驚きです。正直に申し上げて、材料も出ていないのにここまで大幅な株価高が続くとは全くの予想外でした。

 

プロスペクトに関しては何度も述べておる通り、これからの株だと分析しています。

 

新たな材料が発生する可能性が高いプロスペクトは中期・長期投資に向いていると判断を下していますが、短期売買を行う人を批判するつもりは全くありません。

プロスペクトの注目度は日々高まっているので、この状態で短期売買を実行して売却益を得るというのも立派な投資戦略の1つだと思っているからです。

 

私の現在のプロスペクトは以下のようになっています。


 

結果論になりますが、積水ハウスからプロスペクトに乗り換えたのは正解でした。しかし、今の含み益はあくまでも含みの段階であるため、現在の含み益はないものとして考えております。

 

極端なことを申し上げるとこれからプロスペクトの株価が下がることも十分に考慮しています。その点も踏まえた上でプロスペクトをホールドし続ける予定です。

 

現在のプロスペクトの株価は雷に打たれたような驚きであり、天地が引っくり返ったような感覚すら覚えます。現状に慢心することなく、プロスペクトに関しては今後も見守っていきたいと思います。


スポンサードリンク