プロスペクトが豊商事に対し、「歓迎」という言葉をIRに載せる

LINEで送る
Pocket

プロスペクト (3528)がIRを発表しました。


(計画通り、という顔に見えるカーティス・フリーズの画像)

出典 shidler.hawaii.edu

 

>当社による豊商事株式会社(以下、「豊商事」といいます。)株式に対する公開買付け(以下、「本公開買付け」といいます。)に関して、豊商事から、平成 27 年1月 16 日に意見表明報告書を受領致しました。

当該意見表明報告書は、豊商事の経営陣において本公開買付けをより深くご検討いただける趣旨と理解し、歓迎いたしております。
豊商事および当社の両社にとって、実りあるものにするために、平成 27 年1月 23 日までに対質問回答報告書提出の準備を進めてまいります。

出典 豊商事株式会社からの公開買付けに関する意見表明(留保)についての当社の対応について

そりゃそうだよな(笑)

豊商事の反応は明らかにおかしいのです。IRでは「一方的に突然開始されたもの」と述べつつ、ちょっと怒っているように見せて質問状を送るという辺り、ツンデレ企業にしか思えません。

以前ブラックのように見えて実際はブラックじゃない秋山鉄工という会社が話題になりましたが、豊商事も典型的なツンデレ企業なのでしょう。

だって嫌だったらわざわざ質問しないから(笑)

驚きつつ、ちょっと怒ったような文章を載せ、それでいて具体的な内容を質問する辺りが意味が分からない。まあ、プロレスなら意味は分かるのですが……。

プロスペクトもそれを見通しているかのように「豊商事の経営陣において本公開買付けをより深くご検討いただける趣旨と理解し、歓迎いたしております」と述べている辺り、会社心をよく分かっているなぁと判断しました。

この文章だけ見るとプロスペクトは豊商事に対して「友好的TOB」の姿勢を変えていないように思われますが、本心はどうなんでしょうかね……。

豊商事の立場で考えれば結構積んでいる状態なので、嫌々ながらもTOBを受け入れざるを得ないという状況を理解しているのかもしれません。それであるのならばプロスペクトが友好的な態度を取っている間にTOBを受け入れた方が良いと思うのですが、ノリノリで即答すると出来レースっぽさが出てくるからそれはしないか。

いずれにせよ、今週はとても楽しみです。

プロスペクトの余裕の態度はホルダーを安心させてくれます。


スポンサードリンク