プロスペクト(3528)が第2四半期決算短信を発表!

LINEで送る
Pocket

東証2部に上場しているプロスペクトが第2四半期決算短信を発表しました。

 

平成27年3月期第2四半期の連結業績(数字は26年3月期第2四半期との比較 )

売上高…36億2900万円→69億3600万円(91.1%)
営業益…-1億1700万円→7900万円
経常益…-1億1700万円→8800万円
純利益…-1億2800万円→-4400万円

 

 

この決算は良いね。

 

 

でも、正直なことを言うと、ちょっと残念だったよ。

 

私はプロスペクトを1万8000株持っていますが、実は私はプロスペクトが超絶糞決算を出すことを期待していたのです。なぜなら糞決算を出したら株価が思い切り下がるため、新たな買い増しのチャンスが訪れるからです。

 

株価が下がったら積水ハウスを売却してプロスペクトの2万2000株の追加買い増しを実施し、プロスペクトを4万株まで増やして平均取得単価を下げようと戦略を立てていました。

 

しかし、予想以上に売上高が高く、決算が秀でていたので「超絶糞決算を期待して株価が下がったところを狙う戦略」は実質的に不可能になりました。

 

 

「何を言っているんだ? ホルダーだったら決算は良い方が望ましいし、株価が下がって欲しいとか頭がおかしいんじゃないか?」と思う人もいらっしゃると思いますが、私の考えは逆なんですよ。

 

プロスペクトのように面白い株は株価が下がれば下がるほど良いです。なぜなら株価が下がったときは絶好の買いのチャンスになっちゃうから。

 

 

最終的に株価が上がるという自信があるから私は糞決算に期待していたのです。

 

この決算を見たとき、私は少し複雑な気持ちになりました。株を安く買い増しするチャンスが失われたことによる失望と、良決算を出したプロスペクトに対する賞賛が心の中で渦巻いているのです。

 

決算内容を詳細に分析すると、やはり機動建設工業の貢献度が高いですね!

 

 

元々機動建設工業は大証2部に上場していたため、機動建設工業の実力自体はとても高いのです。

 

あと、全く関係ないのですが機動建設工業という名前はカッコいいですよね(笑)

 

なんか、物凄くスピード感がありそうな名前です。

 

不動産および日本株式を対象とする有価証券の運用業務を行うアセットマネジメント事業は、1億4200万円の営業利益を出しています。

 

正直なことを言うと、プロスペクトは滅茶苦茶割安だと思うんですよね……。

 

表面上のPBRやPERだけを見るとそこまで割安ではないのですが、私が注目しているのは「含み資産」です。特に有価証券の含み益はかなりのものだと予測しており、まだ数字で表れていない資産がプロスペクトに大きく貢献するだろうと予想しています。

 

含み益はあくまでも「含み」であり、確定された利益ではないので表面上の利益には反映されないんですよ。

 

特にプロスペクトは東宝不動産裁判もありますし、有価証券の含み益が株価に織り込んでいるとは全く思っていません。

 

もし織り込んでいるとしたら現在の60円という株価は明らかにおかしいから。

 

で、カーティスはまた気になるIRを出しているんですよねー。

 

平成 27 年3月期第2四半期累計期間の業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ

 

>なお、平成 27 年3月期通期連結業績予想につきましては、平成 26 年5月 14 日に公表しました業績予想の修正は行いません。

 

また通期個別業績予想につきましては、平成 26 年 10 月1日に株式会社プロスペクトを吸収合併したことによる影響を現時点で合理的に見積もることができないため、前回公表数値を据え置いておりますが、今後、業績予想の修正が必要となった場合には速やかに公表いたします。

出典 http://www.gro-bels.co.jp/finance_ir/pdf/dai2chihankisai141113.pdf

 

私が気になったのは「平成 26 年 10 月1日に株式会社プロスペクトを吸収合併したことによる影響を現時点で合理的に見積もることができない」という文章で、プロスペクトを吸収合併した影響を合理的に見積もったらどうなっちゃうの?という疑問です。

 

 

まあ、ぶっちゃけた話をすると悪い意味で働くことはないと思います。

 

 

私が解釈するに、「今回プロスペクトを合併した影響を加味していないけど、合理的に見積もったら業績予想を変えるよ!」という意味だと踏んでいます。

 

要するにプロスペクトを合併したことにより、良い影響を与えるか悪い影響が生じるかが問題になるのですが、悪い影響が発生するというのはほぼないと考えています。

 

これは凄いよ。

 

プロスペクトを合理的に見積もったら数字が変動するのはほぼ確定であり、その際は良い意味で業績予想の変更を行うのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけた話、私はプロスペクトの株を買い増ししたいので株価が下がってくれるのは大歓迎ですが、今回のIRを見る限り「また好材料が増えたな」と判断しています。

 


スポンサードリンク