今の時代はソーシャルゲーム好きほど稼げる!

LINEで送る
Pocket

今、私が注目しているのは「ソーシャルゲーム」を開発している企業です。

ソーシャルゲームというものは当たり外れが激しく、「1度当たれば莫大な収入を得られるが、当たらなければ収益を得られないまま赤字化する危険がある」というのがデメリットです。

要するにソーシャルゲームは博打要素が強く、何が何でも絶対に当たるゲーム(流行るゲーム)を作るのは難しいのです。

ただ、ここ最近株価を急激に上げているのはソーシャルゲームを当てた会社です。

有名なのはガンホー・オンライン・エンターテイメント (3765)でしょう。

ガンホーはPCオンラインゲームの『ラグナロク』をヒットさせたゲーム会社です。

ここ最近はスマホゲームである『パズル&ドラゴンズ』(通称、パズドラ)が大当たりして急激に利益を伸ばした実績があります。


ここで注目して欲しいのは「パズドラ」というゲーム1つで利益を拡大した事実です。

ガンホーは2012年9月18日にAndroid版のパスドラをリリースしました。2012年通期決算の純利益額は82億900万円でしたが、翌年は利益額を547億6800万円まで伸ばしたのです! これはパスドラが大ヒットしたからです。

パスドラ効果は本当に凄く、「たった1つのゲームを当てるだけで急激に利益を伸ばせる」のがソーシャルゲームの魅力になります。

「ソーシャルゲームを開発している会社はゲームがヒットすれば莫大に利益を伸ばせる」という法則があります。要するに面白いゲームがリリースされたら真っ先にゲームを始め、「ゲームの面白さを分析できる投資家」が今の時代大きく儲けることができるのです。

私はソーシャルゲームを全くやっていないので、ソーシャルゲーム業界に詳しくありません。

 

それだけに現在の「ソーシャルゲーム文化」の流れに乗れないのが悔しくてたまりません。

 

もし、私がソーシャルゲーム好きだったら片っ端から新作ゲームを遊んで「面白いゲーム」を見分けているでしょう。そして面白いゲームを開発した会社の株をたくさん購入すると思います。

パズドラは「RPGにパズルを加える」という差別化を成し遂げたから大ヒットを遂げたのです。

RPGもパズルも根強い需要がある普遍ニーズになりますが、「パズルとRPG要素を組み合わせた目新しさ」がウケて国内ダウンロード数は2800万回を突破しました。

「でも、ソーシャルゲームで当てるのは難しいし、ソーシャルゲームが流行するという流れはパズドラで終了するな」と私は考えていました。

そしてこの予測は見事に打ち破られました。

ミクシィ (2121)が2013年10月に投入した『モンスターストライク』(通称:モンスト)で大ヒットを記録したのです!

th (63)
(モンストのキャラ画像)

2014年通期決算の純利益は2億2700万円の赤字を出して「ミクシィは終わった……」と囁かれていましたが、ミクシィは偉大なる復活を遂げました!

これもモンスト効果です。

ソーシャルゲームで面白いゲームを開発したミクシィは、来期最高益を更新する見込みです。

私が思うに、スマホ需要が拡大している今、ソーシャルゲームは更にヒットしていくと予測しています。

私自身がソーシャルゲームに詳しくないのが本当に痛手ですが、この事実を真摯に受け止めて「ソーシャルゲームに詳しい知人」から情報を提供して貰うことが決定しました。(ソーシャルゲームと株を関連した情報を今後は積極的に発信したいと考えています)

ガンホー、ミクシィに続くソーシャルゲームヒットメーカーが誕生すれば、それは株を買うチャンスです。

いち早く株式投資で儲けたければ、「ソーシャルゲームをやりまくる」のが重要になります。

「ソーシャルゲーム好きほど稼げる時代が訪れた」と解釈しても間違いはないでしょう。

ソーシャルゲームがコア事業だと「ゲームが飽きられてしまったときに利益が低下する」のが難点ですが、一時的な株価の暴騰(業績の向上)を狙いたければ当たるソーシャルゲームを分析した方が効率的です。

今は「大人気になるソーシャルゲーム」を当てる時代だと言い換えることが可能です。

ソーシャルゲームのヒットは業績に大きな影響を与えるだけではありません。株価が2倍、3倍になることも当たり前のようにあるのです。

短期間で株式投資で儲けたければ「ソーシャルゲーム」を遊びまくってください。

そして本当に面白いゲームを見抜く目を養ってください。

「このゲームは絶対に流行る!」と予感したら、ソーシャルゲームを開発している会社の株を買うのが賢明になります。

資産を倍以上に増やすのも夢ではありません。

今は「ソーシャルゲーム」の時代です。


スポンサードリンク