プロスペクトが豊商事(8747)を公開買付けの開始

LINEで送る
Pocket

とても大きなIRが発表されました。

豊商事株式会社株式(証券コード 8747)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ

 

全文は長いので分かりやすい形で解説します。

 

1,豊商事の公開買付けを開始します!



2,豊商事の現経営陣は優秀だと思っています。経営施策を高く評価しているから、今後も現経営陣による取り組みを支持します!



3,だから本公開買付けに賛同してほしいです! 事前に協議を行っていなかったのは情報漏洩等によって株価が高騰するリスクを防ぐため。これからは賛同して貰えるように努力します。



4,豊商事を連結子会社化したいのは金融商品取引業に参入したいから。本公開買付け成立後も豊商事の上場は維持する方針で、完全子会社化は予定していません!



5,この公開買付けが成功したら金融商品取引業を始めることができるし、新たな金融商品を開発して販売し、収益拡大が狙えると思っています。それに豊商事の多角化を含む目標はとても正しい方向性だと思うし、豊商事は高い営業力を保有しているから今後自社金融商品を販売する際にこの営業力を役立てたいです!

 

買付け等の価格 1株につき、400 円

買付予定数 4,538,000 株

買付代金 1,815,200,000 円

 

私は前から「プロスペクトは金融業への発展を期待したい会社」だと述べてきました。今回のIRはプロスペクトが更に進化し、金融業への変貌を遂げる序章になるのではと思っています。

 

>当社は、中長期的な視点に立った事業戦略を実行し、また当社グループの管理・運営するファンドに対する投資を、対象者の販売商品に加えることで、対象者の収益を拡大することが可能であると判断しました。

同時に、当社グループにとっても、日本国内における金融サービス事業への参入及び当社グループの事業リスクのさらなる分散を実現することができるため、対象者及び当社の双方にとって大きなメリットがあるものと判断しました。

なお、当社が想定しているメリットは、主として、金融商品取引業における協業であり、対象者の他の事業については、当社の寄与できる余地は限定的と考えております。

対象者の直近期における当期純損失が255百万円であったものの、経常損失は39百万円にとどまっており、この乖離の主な要因は繰延税金資産の取り崩しにあると考えられることから、対象者の金融商品取引業にてこ入れをすることによって、対象者の財務体質を改善し、近い将来において経常利益をあげられるものと見込んでおります。

出典 豊商事株式会社株式(証券コード 8747)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ

 

ちなみに、現在の豊商事のPBRは0.3倍。割安株を好むカーティスらしい戦略だと評価することができます。

 

ササキハウス・機動建設工業に続く子会社化戦略の第三の矢は豊商事です。私は大東銀行 (8563)がくると思っていたけど、豊商事だったとは……。

 

ちなみに、豊商事は2014年通期決算で2億5500万円の赤字を出しています。赤字企業を連結子会社化するのはどうかという意見もあると思いますが、私は心配ないと判断しています。

 

プロスペクトの戦略はほんと、ソフトバンクと似ているんだよなぁ

 

ソフトバンクは2004年に赤字体質であった日本テレコムを買収しました。その当時、営業赤字は1000億円だったのですが、営業利益が900億円になるまで経営が回復しています。

ソース http://www.best-investor.com/invest/ossann/softbank.html

 

ソフトバンクは「経営状態がよろしくない企業を買収して黒字化してきた」という実績がありますが、プロスペクトはどうでしょうか。

 

カーティスの投資能力は本物だと思っています。信頼できるか否かはまた別問題になりますが、カーティスが優秀であることは覆せません。

 

私は豊商事の公開買付けの開始を強く支持しています。私は以前配当金なんか払わなくて良いから、積極的にM&Aを行ってほしいと述べましたが、私が望んでいたのはこういうことです!!

 

信頼はできませんが、プロスペクトの今後が楽しみです。


スポンサードリンク