みずほ証券が積水ハウス(1928)の目標株価を1800円に引き上げ!

LINEで送る
Pocket

11月6日にみずほ証券が積水ハウスの目標株価を1650円から1800円に引き上げました。

ソース http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201411060186

 

そう言えばクレディ・スイス証券も積水ハウスをアウトパフォームに引き上げたんですよね。

 

 

クレディ・スイス証券が積水ハウスをアウトパフォームに引き上げ!

 

 

いやあ、懐かしい。

9月22日の時点では9万3600円の含み損を抱えていましたが、現在の株価はどうなっているでしょうか?

 

 

 

 


 

 

 

はい、2万700円の含み益が出ていまーす♪

 

 

しかも私は積水ハウスから2万2500円の配当金を振り込んで頂いたので、今の株価で積水ハウスを売却すれば合計4万3200円の利益になります。

 

そしたら16連勝達成!という形で記事を書くことができるのですが、私は積水ハウスをホールドし続ける予定です。

 

 

含み益が生まれたら株を売却したくなりますが、追加緩和が発生した以上積水ハウスはますます株価を伸ばすのではないかと予測しているからです。

 

 

しかも配当権利確定日が1月に訪れるので、積水ハウスを900株保有している私はまた配当権利を受け取ることができるのですね。

 

 

もう100株買い増したら5kgの新米も得ることができるので、どうしようかなぁと悩んでいる最中です。

 


私は今回、プロスペクトというボロ株を購入しましたが、安定して勝つのであれば積水ハウスを買い増しした方が良いんですよ。

 

配当権利確定日も近いですし、積水ハウス株を増やして配当金収入をアップするという戦略は「負けない株式投資」を実践するための王道戦略になります。

 

ただ、プロスペクトは本当に面白い株だと思っているので、今回は安定を捨てて冒険という形でプロスペクトを購入しました。

 

 

東証1部の大型株である積水ハウスは多くの投資家が注目しています。私は焦らず慌てず、積水ハウスをこのまま保有し続けて更に大きな利益を狙いたいと望んでいます。


スポンサードリンク