アナリスト

LINEで送る
Pocket

アナリストとは、企業を徹底的に調査して株の価値を分析する専門家のことを差します。


アナリストとして活躍している人のほとんどは株式投資に詳しく、「会社の専門知識に長けている」という長所が存在します。

アナリストの意見は参考になることが多く、「違った角度から株を分析していることが多い」ので、アナリストの意見を参照しながら株式投資を行なうのがお勧めです。

と言っても、アナリストの意見が全て万能というわけではないので過信は禁物です。

株式投資について詳細が綴られているホームページにアクセスすると、アナリストの株分析や「株式投資の勝率」が載せられていることがあります。アナリストの意見は確かに参考になるのですが、株式投資の勝率を見てみると50%を維持しているアナリストが多いです。

個人投資家の9割が負けると言われている中、アナリストが勝率50%を保っているのは良い情報として受け取ることができます。

しかし、株式投資の専門家でも勝率が50%程度なので「株式投資はプロだから必ず勝つわけではない」という真実に気づきます。

アナリストの得意分野は「データ分析」です。

過去の決算や企業情報などを的確に分析し、今後の株価の動向を予想するのがアナリストの仕事になります。

また、テクニカル分析に優れているアナリストは「短期間の株価の動向」を予測するのが得意なので、チャート分析などを通じて投資家に情報を与えることが多いです。

私が思うに、アナリストの存在意義は「投資家の代わりに個別銘柄を分析し、情報を提供する」ということにあると感じています。

個人投資家の中には本業が忙しく、毎日株分析できない人も多々いらっしゃいます。そういう人たちに対して代わりに個別銘柄を分析し、分析レポートを提供するのがアナリストの存在意義です。

そのため、アナリストは「自分の意見を語れる」という能力がなければ勤まりません。

他の人と同じ意見を言うのではなく、違う角度から株を分析することができるのが優秀なアナリストです。

また、様々なデータを活用して総合的に株の能力を分析し、「個別銘柄に適した投資手法」を言い当てるのも優秀なアナリストになるための必須条件になります。

アナリストは頭の回転の早さが求められる職業になりますが、それ以上に重要となるのは「自分の情報に価値を与えること」ではないでしょうか。

独自理論を通じ、個別銘柄を分析するアナリストはほぼ確実に人気がアップします。

人気があるアナリストほど意見が的を射ていることが多く、「自分の好きなアナリスト」を見つけると株式投資の楽しみも増すのです。

アナリストの意見は全面的に受け入れるのではなく、参考程度に留めておいてください。最後に頼りになるのは自分の意見であり、数ある情報の中からアナリストの分析レポートを見るのは良策に値します。


スポンサードリンク