アセットアロケーション

LINEで送る
Pocket

アセットアロケーションとは、リスクを軽減してリターンを高めるための方法を模索する考え方のことを言います。


簡単に説明すると、アセットアロケーションは「いかにリスクを避けて、大儲けすることができるか」という考え方です。リスクを分散して利益を上げるのは長期投資の基本になります。

アセットは資産という意味です。アロケーションは配分という意味になるので、アセットアロケーションは「資産配分」という意味になるのです。

自分の資産をどのように配分するかが資産運用のキモになります。アセットアロケーション戦略を成功させたい場合、株資産だけに資金を投入するのはお勧めできません。不動産や国債、海外債券といった他の金融資産を手に入れて初めてアセットアロケーションを成功させることができるのです。

つまり、株資産しか持っていない人はアセットアロケーションを無視していることになります。

様々な業種の株を保有していても、株はあくまでも株資産です。変動リスクが常に存在し、リスクの高い金融商品であることには変わりありません。株式投資は大儲けすることができますが、大損する可能性もある金融商品になるのです。

そのため、アセットアロケーションを意識して資産配分するのはとても重要になります。

資産配分を難しく考える必要はありません。例えば、100万円の投資資金を活用して不労所得を得たければ、様々な分野の金融商品を買えば良いのです。

50万円は日本株に利用し、20万円は国債投資に利用し、残りの30万円は社債投資に利用する。これこそがアセットアロケーションの基本になります。

アセットアロケーションを実践したければ、様々な金融商品を手に入れるようにしてください。

アセットアロケーションは物凄くシンプルです。要は資金を特定の金融商品に集中させなければ良いのです。しかし、それだけだとただの分散投資と変わりません。アセットアロケーションの難しいところは、「リスクを軽減しつつ効果的なリターンを増やす」という点になります。

つまり、リスクを減らすために元本保証型の国債ばかり買ってもリターンを増やすことはできません。リターンを度外視するのであればいくらでもリスクを軽減することができますが、リターンを加味してリスクを減らすのはとても難しいのです。

もし、株資産を中心にしてアセットアロケーションを成功させたい場合、目安として資金の3割を別の金融商品に充てるようにしましょう。

投資資金の7割を株資産に充てるのであれば、残りの3割は元本保証型の金融商品を買うべきです。そうすることでリスクを減らしつつ、リターンを見込める資産運用が可能になります。

また、日本株だけにこだわるとアセットアロケーションを成功させることはできません。

日本の景気が悪化したり、悪材料が流れたりすると、日本企業は少なからず打撃を受けます。他業種の株をいくつも保有していても、全ての資産が日本株だけという状況はリスクを加味すると大変危険です。

しかし、外国株や外国債券、不動産といった別の資産を保有していればリスクを軽減することができます。日本の経済に大打撃を与える出来事が起こったとしても、外国株を保有していれば揺るがない不労所得を得続けることが可能です。

また、専門家のアドバイスを受けてアセットアロケーションの提案を聞くという方法もあります。しかし、この方法はお金がかかってしまうので資産の割合は自分で決めた方が良いでしょう。

そもそもアセットアロケーションを決めるのは難しくありません。

自分の投資資金や投資方針を加味して、どの金融商品に分散して投資するのか決めれば良いだけの話です。アセットアロケーションを意識して株式投資に取り組めば、後々大きなリターンを得ることができるのです。


スポンサードリンク