青天井

LINEで送る
Pocket

青天井とは、株価が上がり続けてこの先もずっと株価が向上し続ける状態を指します。


「○○という株は青天井だから今すぐ買うべきだ!」という意見を聞くことが多いのですが、青天井は妄想の産物に過ぎません。ずっと株価が上がり続けるというのはありえないので、青天井を期待して株を買うのは止めてください。

株価は需要と供給によって決まります。

株価が向上し続けると必ず株を売りたがる人が出てきます。物凄く株価が上がると株の買い手よりも売り手の方が多くなるので、その時点で株価の値上がりは止まります。

青天井で株価が上がり続けるのは理想ですが、青天井を期待して株を買うと信頼を裏切られる結果しか訪れないのです。

株はある程度値上がりした段階で売却すべきです。

企業価値以上に株価が向上したら株を売ることを検討した方が良いのです。「今、株価が上がり続けているからこれからも青天井の状態が続くだろう」というのは甘い考えになるので気をつけてください。

株は適正な売りどきが存在し、青天井を信じて株を保有し続けると売りどきを逃してしまうことが多いのです。

株は突然急落することもよくあるので、青天井だと騒がれている状況のときに株を売却するのも1つの手段になります。値上がりしているから株を買うという手法は非常に安易でお勧めできない投資手段になります。

株式投資で儲けたければ株価にとらわれず、会社のビジネスや決算状態を見抜く力を養わなければいけません。

重要なことなので何度も言いますが、青天井はありえません。

どんな優秀な企業でも必ず株価が低迷する時期が訪れます。株は株価が下がったときに買うのが良いのです。

株価が下がれば安い値段で多くの株を買うことができますし、売りの勢力が弱まって買いの勢力が強くなる可能性もあります。買いが強い状態で株を買うと売り需要が強くなったときに対応することができません。

会社の決算状態が良かったり、革新的な新商品を販売したりしたときに株価は向上します。株価が向上し続けると青天井のように見えるときがありますが、残念ながらそれは錯覚です。株式市場の歴史を勉強すれば分かるのですが、ずっと株価が上がり続けた株は存在しません。

株価は上がったり下がったりするのが普通なので、青天井という言葉に惑わされないでください。

なぜ青天井という言葉がここまで広まっているのか謎ですが、賢明な投資家であるあなたは青天井の魅力にハマってはいけないのです。


スポンサードリンク