エマージング市場

LINEで送る
Pocket

エマージング市場(えまーじんぐしじょう)とは、経済が発展している国や地域のことを指します。


別名、「新興国市場」と呼ばれているエマージング市場は、成長株を求める投資家にとってチェックすべき市場になります。

経済発展が著しい国の株を買って堅実に儲けたければ「インフラ株」を狙うのがお勧めです。

電気会社、水道会社、ガス会社の株は国が発展すればするほど利益額を伸ばす傾向があるため、「安定配当を受け取りながら株価の向上も狙える」のがメリットになります。

現在、エマージング市場として注目されているのはベトナムと中国です。

中国は未だに経済成長が続いている大国ですし、ベトナムは若年層割合が高い経済成長国家として多くの投資家から注目されています。

「今はアジアの時代だ」と言う人も多いのですが、これはアジアを中心に経済が発展しているからです。

他にもBRICsと呼ばれる国々(ブラジル、ロシア、インド、中国)や、VISTAと呼ばれる国々(ベトナム、インドネシア、南アフリカ共和国、トルコ、アルゼンチン)もエマージング市場として注目されています。

 

高い潜在成長率が見込まれる国は「国の発展に従って企業の株価も増加する傾向が強い」ので、長期投資を通じてがっぽり儲けたいと考えている方はエマージング市場を狙うのがお勧めです。

ただ、エマージング市場にも弱点が存在するので、エマージング市場に属している株を買うデメリットも知っておかなければいけません。

 

【エマージング市場はリスクが高い】

一般的に株式投資自体がリスクの高い投資として語られていますが、エマージング市場に投資することを検討すると「更にリスクが高まる」と考えなくてはいけません。

そもそもエマージング市場の大半は「経済や市場の仕組みが未発達」というのが現状になります。

経済が未発達だから高い成長率に期待することができるのですが、通貨価値の暴落や政権交代による負の影響も加味しないといけないのがエマージング市場投資の難しさです。

特に新興市場の為替情勢は安定していない傾向が強いので、為替推移に関しては慎重に分析する必要があります。

また、エマージング市場がこの先成長を遂げることができるのか分析するべきです。

「成長率が鈍化したらエマージング市場特有の魅力がなくなってしまう」ので、国内情勢や海外情勢を徹底的に調べて「これから伸びる国」を見つけるのがエマージング市場投資の重要戦略になります。

私がお勧めしたいのは先進国市場とエマージング市場の両方の株を保有することです。

安定株は先進国市場(日本やアメリカ)などで購入し、成長率を期待する株はエマージング市場で購入するのです。

こうすることによってリスク分散を成し遂げることができますし、外国株収益と国内株収益の両方を得ることができるので、資金が潤沢な投資家にお勧めの投資スタイルになります。

「エマージング市場は成長率が高いが、リスクも大きい」ということを覚えておくのが重要です。


スポンサードリンク