EPS【1株利益】

LINEで送る
Pocket

EPS(イーピーエス)とは、企業が発行している株の1株あたりの利益のことを言います。

EPSは高ければ高いほど良いので、EPSを参考にして株を分析するのは非常に重要です。1株益は「1株あたりの価値」を指すため、1株の価値が向上すればするほど株主の資産が増える計算になります。


毎年EPSが増え続けている企業は「株の価値が高まり続けている」ということになるため、成長株であると分析することができます。EPSが伸び続けている企業は成長株投資を実行するのに適しているのです。

EPSが多いほど会社が儲かっていると捉えることもできます。しかし、株式分割などでEPSを下げることもあるのでその辺りは注意してください。

また、自社株買いなどでEPSが増加することもあります。自社株買いが行なわれると買い戻した株数は差し引いてEPSの数値が割り出されます。つまり、自社株買いがあると分母となる株数が減るため、1株あたりの純利益額が上がるのです。

意味がよく分からない人は「自社株買いがあるとEPSは上がる」とだけ覚えておけば大丈夫です。

EPSの計算式は以下のようになります。

当期利益÷期末発行済株式数=1株利益【EPS】

わざわざ自分で計算しなくても会社四季報を見ればEPSは載っているので、手っ取り早くEPSを確認したければ会社四季報のデータを参考にしてください。

株式投資で儲けたい場合、EPSが上がり続けている株を買うのがお勧めです。その際は企業のビジネスモデルや割安性なども分析して株を買うことを忘れないでください。

また、EPSが下がり続けている会社は成長企業として認識することができないため、投資を再検討した方が良いのです。EPSは数ある指標の中でも比較的分かりやすく非常に参考になるデータになるため、良い投資先を探す場合必ずEPSを見るようにしてください。

わざわざEPSを見なくても営業利益や経常利益の推移を見れば成長企業か否か分析することができる!という自信がある人はEPSを見なくても良いです。

初心者にありがちなのが「EPSだけを見て投資先を決める」という手段にハマってしまうことです。

EPSは確かに重要な指標になりますが、EPSが伸びている株は投資先として優れていると断定するのは危険です。自分の求める利益を最大限に得られる株を買わないとダメなのです。

例えばEPSは高いけど配当利回りが低い株の場合、インカムゲインを多く得ることはできません。

そうなると売却益狙いの投資を行わなくてはいけないため、株の割安性などもチェックする必要があるのです。EPSが上がり続けていても株が割高だと投資する価値は低くなってしまうので、他のデータも参考にすることを忘れないでください。


スポンサードリンク