売り崩し

LINEで送る
Pocket

売り崩しとは、特定の銘柄の株価を不正に下げる行為になります。

売り崩しは不公正取引の一種で、株価を下落させて他の投資家の狼狽売りを引き出すのが売り崩しになります。特定の銘柄を意図的に安く仕向けることにより、他の投資家の株売りを誘発させて株価をコントロールするのが売り崩しです。

売り崩しが行なわれると直近の出来高に対して大量の株を売り出されるので、断続的に株価を下げられてしまいます。

売り崩しが行なわれたときは持ち株の株価が下がるのが難点になりますが、逆に言えば「優良株が安く買えるチャンス」になるため、物は考えようです。

何の悪材料も発生していないのに株価が大きく急落するときは株を追加購入するチャンスになるため、売り崩しが行なわれたときは投資をする絶好の機会が訪れたと考えた方が良いのです。

売り崩しは不公正取引に該当しますが、1度売り崩しが行なわれたらどうしようもないので「売り崩しのリスク」を理解して株式投資を行なうのが重要になります。

株価が安くなるのは投資家にとって痛い出来事になりますが、株が安く買える機会を得ているのと同義なので発想を転換させる必要があります。


スポンサードリンク