万能株

LINEで送る
Pocket

万能株とは、様々な戦略にマッチする株のことを指します。


株式投資で儲けたければ株の特徴を理解して株と相性が良い戦略を採用するのが重要になります。

例えば成長株は会社の成長率が長所になるので、「長期保有してキャピタルゲインを狙う」という戦略が適しています。会社の成長を待たないですぐに株を売却すると大儲けすることができません。成長株は投機戦略とは相性が悪いのですが、長期戦略とは相性が良いのです。

株の長所と戦略の長所が合わないと株式投資で儲けることはできません。戦争の格言で「戦う前に勝つ」という言葉がありますが、株式投資も同じです。株ごとに適した戦略をはめ込んで「投資する前に儲ける」ことを意識しなければいけないのです。

しかし、万能株は様々な戦略と相性が良いので自分好みの戦略を当てはめても問題がないのです。成長率が良く、財務面も健全で長期保有に向いており、黒字業績を続けている安定企業。これこそが万能株になるのです。

もちろん、そんな株はあまり存在しません。万能株を見つけるのは難しいと思った方が良いでしょう。そのため、株式投資で勝ちたい人は戦略と株の長所をよく理解する必要があるのです。

【様々な戦略と相性が良い万能株の条件】

・利益額が伸びている

利益が伸びているのは「成長株」として評価するために重要な条件になります。いくら財務状態が良くても、利益額が減少していると長期保有する気をなくしてしまいます。利益額の増大を通じて株主の収入も上がるのが理想になるので、企業の利益額が伸びているのは万能株を見極める上での重要ポイントになります。

実際に様々な株を分析すれば分かれますが、利益が伸びている会社を見つけるのは難しいことではありません。利益額が伸びているのは万能株として評価される基本事項になるのです。

・財務状態が良い

何をもって財務状態が良いと判断するのか分からない場合、「自己資本比率40%以上」ということを意識しましょう。基本的に自己資本比率が40%が超えていれば財務状態が健全な優良企業として評価されます。

もし、自己資本比率が70%を超えていれば理想企業になります。利益額が伸び続けているだけではなく、財務面で理想企業に名を連ねているのは物凄く価値が高い株と認識して問題はありません。そんな株は滅多にありませんが、もし見つけることができたら投資資金を多く投入する価値があると考えてください。

財務面が良く、利益も高まっている株は長期保有にうってつけの存在になります。普通に中期保有しても良いのですが、長い間利益を得たければ長期投資に徹するべきです。

・投資する旨味が大きい

これはとても重要な条件になります。いくら成長率に優れていても、投資家にとって旨味のない株は高く評価することはできません。投資家は投資行動を通じて利益を上げる必要があるため、利益を出せない株はどうしようもないのです。

株主優待が優れていたり、安定配当を実施したり、株主利益を重視している株は投資する旨味が大きいと言えます。上記の3つの条件をクリアして初めて万能株と言えるのです。

ちなみに、この万能株の条件は私が勝手に作り出した条件になります。人によって万能株に対する条件は異なるため、1つの目安として参考にしてください。万能株として評価されている株は「儲ける幅が広い株」になるため、初心者の方は万能株に投資した方が良いのです。

万能株は現実に存在しているから面白いのです。「株式市場はお金を発掘する場所」という名言がありますが、この言葉を支えているのは万能株という存在が大きいのです。


スポンサードリンク