BPS【1株当たり純資産】

LINEで送る
Pocket

BPSとは、1株当たりの純資産額のことを指します。

BPSは別名、「1株当たり純資産」と呼ばれます。

簡単に解説するとBPSが高い企業ほど安定性に優れています。


BPSは、「株主資本のみで1株当たりの資産価値を算出する指標」になります。つまり他資本を計算から除外しているのがBPSです。

また、BPSと株価を比較して株が割安か否か調べることができます。

例えば株価が1000円のA社のBPSは500だとします。この場合、「株価よりもBPSの方が低いので株が割高」だと判断することができます。

B社の株価は2000円ですが、BPSは4000でした。この場合、「B社は株価よりもBPSの数字の方が大きいので株価が割安」だと判断することができるのです。

BPSが大きければ大きいほど純資産を多く保有していると思ってください。

また、BPSは企業が解散したときの価値と換算することが可能です。そのため、「株価よりもBPSの方が高い場合、本来の企業価値よりも割安である」と判断を下すことができるのです。

理論だけを語れば、「BPSが本来の株価」になるのです。

例えばC社の株価が300円であってもBPSが600であれば、本来のC社の株価値は「600円」が妥当になります。しかし、実際には「成長力や将来性に期待が持てる株」はBPSよりも株価の方が上回ることが多いのです。

しかし、たまに持続的成長を遂げていて「株価よりもBPSの方が高い有望株」が見つかることがあります。

住友林業 (1911)

上記の記事でも解説していますが、住本林業は持続的に利益を伸ばし続けている優良株です。

しかし、BPSと株価を比較すると割安であることが分かります。

現在の住友林業の株価は1063円。BPSは1167.26です。株価よりもBPSの方が高いので理論上住友林業株は割安だ」と判断することができるのです。

このように、株の割安性を調べたければ現在の株価とBPSを比較してください。持続的発展を遂げている企業が割安である場合、投資する価値は高いです。

【BPSの計算方法】

証券口座にログインして個別銘柄の情報を調べれば簡単にBPSを見ることができますが、自分でBPSを計算したい人のために計算式を載せておきます。

BPS=純資産÷発行済み株式数

はい、たったこれだけです。BPS、純資産、発行済み株式数は決算報告書に記載されているので計算したい方は「企業の決算報告書」を参考にしてください。

【BPSの分かりやすいまとめ】

・BPSが高ければ高いほど解散価値が高い

・BPSが高い企業ほど安定性に秀でている

・BPSよりも株価の方が高い会社の株は割高である

・株価よりもBPSの方が高い株は割安である

・持続的発展を遂げており、株価よりBPSが高い会社の株を狙うのがお勧め

以上の内容を覚えれば問題ありません。


スポンサードリンク