普通株

LINEで送る
Pocket

普通株とは、株主としての権利が与えられている株のことを指します。


一般的に株主の権利は議決権や配当金を受け取る権利などが該当しますが、普通株は株主として受け取れる多くの権利が存在するのです。ほとんどの投資家は普通株を通じて利益を得ており、最も多く取引するのも普通株になります。

議決権がない代わりに配当を多く貰える優先株も存在しますが、残念ながら優先株は普通株に比べてマイナーな存在です。配当金収入で儲ける際も普通株が主力になるのです。

普通株は株主の権利を行使できるのが特徴になります。

優先株は議決権がないので株主総会を通じて議決権を使用することができませんが、普通株を一単元以上保有している人は議決権を行使することができます。

株式投資で儲けることが目的の場合、配当金や議決権以外の普通株の効力について考える必要はありません。普通株は保有しているだけでお金を生み出してくれるのがポイントです。

たくさん配当金を受け取りたければ普通株をできるだけ多く集めてください。株式市場で取引されている株の大半は普通株になるため、普通株を通じて株式投資で儲けるのが基本になります。

普通株は株価の推移によって価値が向上したり減少したりすることが多いのです。

普通株は流動的な資産になるため、いつまでも価値が安定しているというわけではありません。そのため、固定価値を保っている金融資産が欲しければ国債を狙うべきです。普通株は「価値が変動する」という特徴があるので、普通株を保有していると得することや損することがあるのです。

私がお勧めしたいのは普通株を長期保有することです。普通株を保有しているだけで配当金を受け取る権利を得られるので、自動的にお金が入金されるシステムを作り出すことができます。

つまり、何もしないでお金を得たければ普通株を買って長期保有していれば良いのです。普通株と言っても配当金を全く払わない株も存在するので、その辺りの情報は個別銘柄を分析して知るしかありません。

また、普通株を保有していると株主総会の通知や会社の決算報告書が自宅に届くため、会社の業績を確認しやすいというメリットがあります。株主総会に参加して会社の情報を収集するのも勝率アップに役立ちます。

普通株を保有していると株主優待が受け取れることもあるので、普通株は存在価値が高いと認識した方が良いでしょう。収入を増やしたければ配当金を支払ってくれる普通株をたくさん買うべきです。


スポンサードリンク