配当利回り

LINEで送る
Pocket

配当利回りとは、1年間でどれだけの配当金が貰えるのかを示した数字になります。


例えば1株2000円の株があるとして毎年100円の配当金が貰える場合、配当利回りは5%になります。株価と配当金の額によって、配当利回りを計算することができます。証券会社を通じて株の情報を確認すれば、配当利回りは自動的に計算されているので、自分が配当利回りの計算をする必要はありません。

もし、自分で配当利回りを計算したいと思ったら以下の計算式を活用してください。

1株の年間配当額÷現在の株価=配当利回り

例を挙げましょう。1株4000円で売られている株の配当金が200円だとします。この株の配当利回りを計算すると、以下のようになります。

200(1株の年間配当額)÷4000(現在の株価)=0.05(配当利回り)

配当利回りが0.05という数字がでましたが、これに100を掛けてください。

0.05×100=5

このように、1株4000円で毎年200円の配当金を出す株の配当利回りは、5%になります。

この配当利回りは株式投資で儲けるのにとても重要な数字になります。

配当利回りが高ければ高いほど、効率的に儲けられると考えてください!

例えば、1株1000円の株があるとしても、年間の配当金が10円しか貰えなかったらその株の配当利回りは1%になります。

しかし、年間配当金が50円貰えればその株の配当利回りは5%になります。

配当利回りが1%の株と、配当利回りが5%の株。

効率良く儲けやすいのは、配当利回り5%の株です。

配当利回り1%の株と配当利回りが5%の株では、収入に5倍の差が生じます。%で表示すると収入の差が分かりづらくなるというデメリットがありますが、貰える配当金は高ければ高いほど良いのです。

長期投資を通じて、たくさん配当金を受け取りたければ配当利回りの高い株を狙ってください。

ちなみに、とある有名銀行の定期預金の利回りは0.3%になっています。銀行によって利回りは多少変動しますが、そこまで大きな差はないと考えてください。3年間で100万円以下のお金を預ければ、1年間で0.3%の利息を受け取ることができますが、これは少ないのでしょうか? 多いのでしょうか?

結論を述べてしまうと、株の配当利回りに比べると定期預金の利回りはとても少ないのです。

100万円を定期預金に預けて3年間の利息利回りが0.3%の場合、9000円しか利息を受け取ることができません。3年間でたった9000円の不労所得です。

しかし、配当利回り5%の株を100万円分買って3年間保有すれば、配当金の合計額は15万円になります。

9000円の利息と、15万円の配当金。ここまで差が生じることに驚きを隠せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

配当利回りが5%以上の株は「高配当株」という位置づけに属しています。できれば配当利回りが5%以上の株を買って、効率的にお金を儲けるのがお勧めです。

しかし、配当利回りにこだわりすぎるデメリットも存在します。配当利回り投資法の1番大きなデメリットは、「配当金が減配する危険がある」という点になります。

配当利回りを高く設定して株価を上げようとしている会社も存在します。しかし、実質的に支払い不能の配当利回りを提示している株は「配当金減配」の可能性があるので投資先の候補から外す必要があるのです。

配当利回りの高さを基準にして株式投資で儲けたいと思ったら、「配当金を安定的に支払ってくれる株」を購入した方が良いでしょう。有利子負債がゼロであったり、黒字の状態が続いていたり、財務体質が健全であったりする会社は配当金減額の可能性は低いのです。

配当利回りを重視して株式投資に取り組むのは、とても良い戦略であると断言することが可能です。

長期投資に重要なのは配当金という名のインカムゲインです。配当金は高ければ高いほど良いので、たくさん配当金が欲しければ配当利回りの高い株を買うようにしてください。


スポンサードリンク