配当金

LINEで送る
Pocket

配当金とは、企業の利益の一部を株主に還元したお金のことを言います。


企業は自社のビジネスを通じて多額の利益を得ようとしていますが、ビジネスが上手くいくと配当金という形で株主に利益を還元します。配当金目当てで株を保有するのは長期投資家にとってポピュラーな方法になります。

逆に会社が利益を出していないと配当金も支払われません。中には安定配当を目的として配当金を支払っている会社も存在しますが、基本的に「企業が利益を出しているから配当金を受け取れる」と考えてください。

配当金を貰いたければ「利益を出し続けている企業の株を買う」のが1番になるのです。私は当サイトでしつこく配当金の大切さを説いています。最初から配当金狙いで長期投資を始めれば経営状態が危うい株に手を出すリスクも減りますし、初心者にとってお勧めできる株を見つけるのが容易になるのです。

配当金は1株あたりの支払い額によって決まります。

例えばA社の株価は1000円だとします。A社の今季の決算は非常に好調で、純利益額も大きく伸ばすことができました。そのため、1株につき50円の配当金を支払うことを決めました。

この1株につき○○円というのがポイントです。1株あたりにつき、いくら配当金を貰うことができるかという点が重要になります。1株あたりの配当金は多ければ多いほど良いのですが、その分株価も高いことが多いのです。

A社のように1株あたり50円の配当金を支払う会社は分かりやすいです。1株しか保有していなかったら配当金は50円しか貰えませんし、100株保有していたら5000円も配当金を受け取ることができます。

A社の株を10000株保有していると50万円も配当金を受け取ることができるのです。このように、配当金の合計の支払額は「投資家が保有している株の総数」で決まります。

「あなたは5万株も保有しているから、特別に1株あたり55円配当金を支払ってあげます!」ということはありません。1株の価値は誰しも平等です。ただ、数を揃えないと多くの配当金を受け取れないという現実は確かに存在します。

また、企業によって配当金に対する方針は異なります。配当金支出を減らして自社設備の投資にお金を使用し、会社の成長を通じて株主に利益を還元する方針を貫いている会社もあります。

安定配当を実施する目的で、利益以上の配当金を支払う会社も存在するのです。配当金に対する方針は会社によって違うので、配当金狙いで株式投資で儲けたい方は「株主に対する利益の還元方針」をしっかりチェックする必要があります。

最初は物足りないと感じる配当金も、株式投資を長く続けて投資金額を増やしていけば配当額も増大していきます。


スポンサードリンク