不人気株

LINEで送る
Pocket

不人気株とは、出来高が低く市場から注目されていない株のことを指します。


不人気株は別名「マイナー株」と呼ばれており、投資家から活発に取引されていない株も不人気株に該当するのです。また、不人気株は不人気銘柄と呼ばれることもあります。株式投資で大きく儲けたい人は不人気株を買うべきというのが私の持論です。

不人気株は出来高が低いので自分の望む価格で株を買うのも難しいのですが、1度注目されたら飛躍的に株価が向上するメリットがあります。

例えば東証2部に上場している不人気株の業績が向上し続け、東証1部上場が確定になったら不人気株から人気株になることができます。そうなると多くの投資家が株を買いに走るので、株価が大きく上昇するのです。

売却益を求める場合、不人気株を購入して人気株になるまで待つのが株式投資の基本になります。

また、不人気株だからといって人気株より実力が劣るというわけではありません。株式投資で儲けたい人は、投資家に利益を還元する株を選択してください。

不人気株であっても配当利回りが高かったり、安定配当を実施したりしている株は確かに存在します。そういう株を長期保有すれば確実なインカムゲインが期待できるので、結果的に人気株より儲けることも可能です。

投資家にとって旨みのある株でも、上場市場が原因で注目されないことは多々あります。東証1部に上場していないと大抵の会社は脚光を浴びません。不人気でも黒字経営を続けて財務状態も良い会社は存在するので、将来の躍進を予測して長期投資するのがお勧めです。どんなに将来有望な企業も最初はマイナー株からスタートしたのです。

【不人気株投資はブランド名に惑わされない証拠】

日本人はブランド好きだと言われていますが、株式投資でもブランド好きの特性が活かされることは多いのです。中小企業よりも大企業の株の方が良いと考えている人は大変多いのですが、そんなことはありません。

投資家に利益を還元する株が1番偉いのです。少なくとも投資家として儲けたければ、「お金を稼ぐ株が1番価値がある」と考えてください。人気不人気は関係ないのです。

会社のネームバリューだけで株を判断したら株式投資で負けます。不人気株投資を行なうのは「会社の名前に惑わされない投資ができる」ということの証明になるので、株の本質を知るのに有効です。

もちろん、儲けられない不人気株も存在します。赤字が続いていたり、財務状態が悪かったりする不人気株もあるのは確かです。しかし、それは人気株でも見かけるので「株の実力を知名度で判断するのは間違い」ということになるのです。

良い不人気株もあれば、悪い不人気株もあります。良い悪いの基準は「自分が儲けられるか否か」です。儲けられる見込みのある不人気株はダイヤの原石のような存在で、本物のダイヤになったときに莫大な利益を得ることができます。


スポンサードリンク