発行済株式数

LINEで送る
Pocket

発行済株式数は、実際に発行した株式の総数のことを言います。

発行株式数が多ければ多いほど1株の価値は下がりますが、発行株式数が少なければ少ないほど1株の価値は向上します。

そのため、増資によって発行株式数が増えると「1株の価値」が低下するので投資家にとって残念なニュースになりますが、自社株買いを行なって発行株式数が低下すると1株の価値が向上するので、投資家にとって嬉しい情報になります。

「発行株式数が増えれば増えるほど、1株あたりの価値は下がること」を覚えてください。

発行株式数の計算には「自己株式」は含まれません。

発行株式数は1株あたりの価値を図るために有効となるデータで、会社の純資産は発行株式数を割って求められます。発行株式数に株価を掛けたものを時価総額と言い、会社の大きさを図るときに利用されるのです。

発行株式数が増えると1株の価値が下がる。

発行株式数が減ると1株の価値が上がる。

この原則を理解していれば、株式投資の基本を理解していることになります。

発行株式数が多いから悪い会社、発行株式数が多いから良い会社とは限りません。株を分析するときは発行株式数に頼るのではなく、「会社の財務状態や利益体質」を分析するのがお勧めです。

発行株式数は個別銘柄を分析する際にそこまで役に立つデータではないので、基礎知識の1つとして覚えておくのが賢明になります。


スポンサードリンク