パニック株投資法

LINEで送る
Pocket

パニック株投資法とは、大衆心理を逆手に取った投資手法のことを言います。


企業が下方修正を発表したり、不祥事を起こしたりすると株は一時的に大暴落することがよくあります。悪材料が出たときに「長期的に見たら大したことがない」と判断したらパニック株投資法を実践するのがお勧めです。

パニック株投資法は非常に勇気がいる行為です。

株価が下がり続けている株を買うのですから、普通の人はパニック株投資法を実践することはできないでしょう。人間心理とは不思議なもので、人間は「儲けるチャンスよりも、損失を防ぐリスク」を重視して考えます。

「利益を得ることより、損しないことの方が重要」だと考える人間が大半です。

だから株式投資で負けるのです。

パニック株投資法の最大の利点は「短期間で利益を上げることが可能」という点です。株価というものはいきなり下がると十中八九反発します。

大したことがない情報(将来の業績に莫大な悪影響を及ぼさない情報)が流れても株価は大幅に下げる傾向があるため、「恐れをなして逃げる人間を尻目に、自らチャンスを見出して株を買う」のがパニック株投資法の醍醐味になります。

パニック株投資法は非常にリスキーな行為だと誤解されていますが、私はパニック株投資法が有効だと思っています。

例えば企業の業績が悪くて下方修正を発表したとします。

下方修正を発表すると1日で株価は驚くほど下げますが黒字経営を維持しているのに、下方修正を出しただけで株価を下げる」というのは逆にチャンスだと思っています。

年々業績が低下している株は別ですが、「たまたま今期、下方修正が発表された」というケースだと私は積極的に株を買いにいきます。

勿論、割安性や財務状態、業績が低下しても配当額を維持するなど、様々な要素を分析する必要はありますが、「大したことがないニュースで株価を下げたときはチャンス」なのです。

ほんと、人間は感情的に動くものなんですよ。

株式投資家は感情で動いてはいけません。理屈で物事を判断する必要があります。

悪いニュースが流れてパニック売りが起こっていたとしても、理論を重視する投資家は「買いのチャンス」だと捉えて冷静に行動することが可能です。

どうでも良いニュースで狼狽売りをする投資家が「負ける投資家」であり、情報を的確に分析して迅速に行動を起こすことができるのが「勝てる投資家」です。

感情だけで物事を判断すると株価が急落したときに心が動揺します。

心が動揺すると「このまま株を持ち続けるのは危険だ!」と、自分の中に眠る防衛本能が顔を出し、結果的に損切りという手段を選択するのです。

パニック投資法は勇気がいる投資手法になりますが、非常に効果的なので是非実践してみてください。私はパニック投資法で儲けた経験が何度もあり、「パニック投資法で重要となるのは大衆心理を理解し、大衆と逆行することだ」と確信しています。

勿論、挽回不可能な悪い情報が流れたときは論外です。(例、東関東大震災で東京電力が原発事故を起こしたケースなど)

パニック株投資法で儲けたければ「情報の質」を見抜く能力を高めてください。将来的に見て、企業が大した打撃を受けない悪材料ならパニック投資法を実践するチャンスです。


スポンサードリンク