PER【株価収益率】

LINEで送る
Pocket

PER(ぴーいーあーる)とは、株価が安いか高いかを判断する指標になります。


基本的にPERが低ければ低いほどその株は割安になります。逆にPERが高い株ほど割高ということになるのです。

そのため、割安株を狙いたければPERが低い株を狙うのがお勧めです。

PERが50倍の株よりも、PERが30倍の方が割安です。PERが15倍の株よりも、PERが10倍の株の方が割安株として判断できるのです。

ちなみに個人投資家から人気がある会社はすでにPER値が高い場合がほとんどです。PERは株価と1株あたりの利益と比較して計算されるので、多くの人から株を買われすぎている企業はPERが高くなってしまうのです。

PERを見るようにすると「株が安いか調べることができる」ので、お買い得株を狙っている方にとって必須となる情報がPERです。

ちなみにPERの正式名称は「Price earnings Ratio」で、別の言い方をすると株価収益率という単語になります。普段はPERという略称を使用することが多いので正式名称を頑張って覚える必要はありません。株式投資で勝ちたければ、PERの意味を理解していれば十分です。

【PERの計算方法】

PERを自分で計算したい場合、以下の計算式を活用してください。

株価÷EPS(1株あたりの利益)=PER

このEPS(1株あたりの利益)は会社四季報に記載されてあるデータです。現在の株価にEPSを割ればPERを出すことができるのです。

例えば株価が1000円の会社があったとして、1株あたりの利益が50円だとします。この場合だと株のPERは20倍です。

また、株価が1500円で1株あたりの利益が150円の株はPERが10倍になります。このデータだけで見ると後者の株の方がPERが低くて割安だと判断することができるのです。

この計算から分かるのは、「PERは将来の利益が現在の株価に反映されている」ということです。

例えばA社の株価は2000円で、1株あたりの利益は200円です。この場合PERは10倍になりますが、「A社の場合10年間同じ利益を出し続ければ、株を購入したときと同じ額になる」のです。

B社は株価が4000円で1株あたりの利益が100円です。この場合だとPERは40倍で、「B社の場合40年間同じ利益を出し続けると、株を購入したときと同じ額になる」のです。

どちらがより割安かと聞かれれば、確実にA社の方が割安です。10年間で現在の株価と利益が同じ額になるA社と比較して、B社は40年間もかかってしまいます。

このように、PERは企業の割安性を調べる上でとても重要な数値になります。

【PERに頼りすぎるのはお勧めできない】

PERは株が割安かどうかを判断するのにとても重要な数値ですが、PERだけに頼った株式投資はお勧めできません。

もし、会社の収益率が低くなったらどうなるでしょうか? 

例を出して考えてみましょう。C社は株価が1000円で1株あたりの利益が200円でした。この場合PERが5倍ということになり、かなりお買い得の株になります。

しかし、C社は翌年の決算で1株あたりの利益を大幅に下げてしまい、1株あたりの利益は20円まで減少してしまったのです。もしC社の株価が1000円のまま変動しなかったとして考えると、C社のPERは50倍になってしまいます。

実際は利益を落としている会社は株価が暴落するのが常ですが、PERという数字だけで会社を判断するとこういう事態も起こるのです。

そのため、PERだけで会社を分析するのではなく、「会社が安定して利益を出しているか?」という点に注目するのがお勧めです。


独自のビジネスモデルが確立されている会社は成長し続ける可能性が高いので、有望株として判断することができます。それでいてPERが低い状態であれば最高なのですが、そういう株はなかなか見つからないのが現状です。

結局PERというものは「1株あたりの利益が上がったり下がったりしたら、PER値も変動する」ので分析材料の1つとして活用するしかないのです。

【PERを上手く活用したい人は同業他社を比較しよう!】

あなたはPER値が15倍のA社を買おうか迷っているとします。

このA社は経営コンサルティング業務を行っていますが、A社の株がお買い得か調べたければ同業他社のPER値をチェックするのが1番お勧めです。

経営コンサルティング業務を行っている会社をチェックしたら、以下のデータを見つけることができました。

・A社、PER15倍。

・B社、PER30倍。

・C社、PER10倍。

・D社、PER20倍。

この中で1番割安なのはどれでしょうか?

 

……

………………

………………………………

 

はい、答えはもう明確ですね。PER値が1番低いC社がお買い得ということになります。

このように、同業他社と比較してPER値が最も低い会社を狙うのも株式投資で儲けるコツになります。

しかし、先ほども説明したとおり「PER値だけで株を分析するのは大変危険」です。企業の成長性や安定性なども加味して株を分析しないと株式投資で勝ち続けることはできません。1株あたりの利益が減ってしまうとPER値も上昇するのです。

また、成長性が高い株はPER値が高いことが多いので、その辺りも十分注意して株式投資を行っていきましょう。


スポンサードリンク