ボロ株

LINEで送る
Pocket

ボロ株とは、株価が100円以下の株のことを指します。

ボロ株は別名「超低位株」と呼ばれています。ボロ株を購入して長期投資するのはお勧めできません。ボロ株の大半は何か大きな短所を抱えているため、玄人向けの株になるのです。

ボロ株は値上がり率が大きいという長所があります。例えば株価が1円のボロ株がある場合、株価が1円増加しただけで投資資金を2倍に増やすことができます。

100円の株の株価が1円上昇しても投資資金は100分の1しか増えませんが、株価の安いボロ株は値上がり率が高いのでボロ儲けできる可能性があるのです。

ボロ株はボロボロの状態だから「ボロ株」と名づけられています。ボロ儲けできるからボロ株だと主張する人もいますが、ボロ株に投資するのはかなりリスクが高いことを理解しなければいけません。

例えば2円で売られているボロ株を50万株購入したとします。この場合の投資資金は100万円になりますが、もし株価が1円になってしまったら投資資金が50万円になってしまうのです。ボロ株は値上がり率が高いというメリットがありますが、値落ち率も大きいというデメリットもあるのです。

ボロ株を長期投資して儲けようとするのは「万馬券を当て続けるくらい無謀」だと思ってください。ボロ株は利益を出せないからボロ株なのです。ボロ株の状態から会社が大きく成長する可能性はとても低いので、長期投資で儲けたい方はボロ株を狙うべきではありません。

ボロ株は売却益狙いの投資に適しています。

逆に言うと配当金狙いの投資には不向きということです。そもそも配当金を支払ってくれるボロ株は少ないので、インカムゲインに期待するのは間違いです。ボロ株はデイトレードやスイングトレードに適していますが、普通に儲けたければ優良株を長期投資することをお勧めいたします。

ボロ株は上場廃止や倒産リスクが非常に高いので、株を長期保有するのも危険だと考えてください。できるだけ短い期間で売却益を狙うのがボロ株投資法の基本になりますが、やはりボロ株に投資するのはお勧めできません。

ボロ株に投資するのはマネーゲームに参戦するのと同じです。

投資資金を手っ取り早く増やしたいと考えている投資家はボロ株を購入しますが、心理戦に長けた投資家でないとボロ株を買っても失敗します。リターンが大きい代わりにリスクもデカく、目論見から外れると大損害を抱えることになるのでボロ株投資は慎重になるべきです。

ボロ株を保有すると物凄いストレスを抱えます。

それもそのはずで、未来が見えない株を保有すると「本当にこの株を保有し続けても良いのか?」という不安が頭の中を支配します。メンタルの強い人でないとボロ株投資法で成功を収めるのは難しいと思ってください。

ボロ株は売却益狙いのマネーゲームに適していますが、投資の対象として考えると論外な株が多いです。大切な資金をボロ株に投入しても良いのか、じっくりと考える時間を設けることをお勧めいたします。


スポンサードリンク