復配

LINEで送る
Pocket

復配とは、今まで配当金を支払っていなかった会社が配当を再開することを言います。


無配株が復配株になるのは良いニュースに該当するので、復配の情報が流れたときは株価が向上することが多いのです。大抵、業績が良くなったり多額の利益を得たりしたときに企業は復配を実施するため、投資家にとって復配はありがたい情報になります。

今まで無配株を保有していたのが報われる瞬間が復配です。

企業が復配に転じるときは「会社の業績が改善した」ときが多いのです。また、これから会社の利益額が高まると予測されたときも復配を実施することがあります。会社が配当金支払いを復活するのは「企業の業績が上向いた」と投資家から判断されることが多いため、株価も少しずつ上昇するのが普通です。

【復配株は取り扱いに難しい?】

復配は良いニュースになりますが、復配株は投資家にとって取り扱い方が難しい株に部類されます。

今まで配当金支払いのなかった株を保有していたのは理由があるはずです。損切りができないで塩漬けにしていたり、会社が復活すると信じて株を保有し続けていたり、投資家が無配株を保有する理由は様々です。

無配株が復配株に転じたときにどう行動するかが重要になります。損切りをしたくないという理由で株を保有していた人は株を売るチャンスです。

そのまま持ち続けて配当金収入を得るという方法もありますが、1度無配転落した株を配当金目当てで長期保有するのはお勧めしません。

配当金狙いで株を長期保有する場合、安定した配当金を支払っている株を狙うのがセオリーになります。復配したと言っても、また無配転落する可能性がある株は配当金狙いで長期保有するべきではありません。

私だったら復配のニュースに乗じて株価が急激に上がった段階で株を売却します。

1度無配になった株の信頼を取り戻すのは容易ではありません。信頼は少しずつ積み重ねていくもので、復配したからといってその株が信頼できるとは限らないのです。配当金を支払わない決断を下した株はまた同じことを繰り返す可能性があるため、長期保有するのに向いていないという意見もあります。

復配株を別の視点から覗くと、「今まで配当金を支払っていなかった」という事実にたどり着きます。復配を実施した株を買って長期投資するくらいなら、最初から安定した配当金を支払っている株を買って長期保有した方が不労所得は安定します。

売却益を狙うのであれば復配株は狙い目の株になりますが、インカムゲインを狙っている方は復配株に手を出すのはお勧めできません。復配は嬉しいニュースですが、株としての取り扱いに悩むことが多いのです。


スポンサードリンク