後場

LINEで送る
Pocket

後場とは、午後に行なわれる立ち会いのことを指します。


午前9時から午前11時半までの取引時間を前場と言い、午後12時半から午後15時までの取引時間を後場と言います。

東京証券取引所は上記の時間帯を前場・後場という形で分けていますが、ジャスダックや他の証券市場も同じです。

平日の前場と後場の時間帯のみで株取引ができると思ってください。

長期投資家であれば前場や後場に関して強く意識する必要はないのですが、デイトレーダーは違います。

デイトレーダーは1日でできるだけ収入を上げなくてはいけないため、前場と後場で戦術を変える人も多いのです。例えば前場の調子が振るわなかった場合、「後場は超低位株を狙って大儲けしよう」という方針を固めることができます。

前場で1万円損したとき、後場は2万円取り返すといった自分の状況に合ったトレードスタイルを決めることもできます。

しかし、長期投資の場合、株を長期間保有して利益を出すことが重要になるので前場で株を買っても後場で株を手に入れても大して変わりません。前場・後場にこだわるよりも、できるだけ割安価格で株を買うことを意識した方が良いのです。

午前中から活発的にトレードしたい人は前場の時間を有効活用しましょう。情報収集を行なってから株取引に参加したい人は、後場の時間帯からデイトレードに参入するのがお勧めです。

また、前場と後場の間にはお昼休憩を挟むので、前場が終わった段階でお昼ごはんを食べ、後場で利益が上げられるようにエネルギーを補充するのも有効です。

株式投資はいつ参加しても良いので、時間に縛られる必要はありません。自分の買いたいときに株を買ってください。


スポンサードリンク