キャピタルゲイン

LINEで送る
Pocket

キャピタルゲインとは、株の売却益のことを指します。

嗚呼らはのらはらのせき
例えば10万円の資産価値がある株を保有しており、株価の値上がりによって株の資産価値が15万円になった場合、株を売却したときに得られる利益は5万円になります。

この5万円の利益はキャピタルゲインになるのです。不動産投資をしている場合でもキャピタルゲインという言葉は頻繁に使われます。

キャピタルゲイン=株の売却益

こういう風に覚えておくと分かりやすいでしょう。

株は信用取引を活用して空売りという手法を取ることもできますが、この空売りによる利益もキャピタルゲインに該当します。

キャピタルゲインとインカムゲインは名前は似ていますが、意味は全く違います。インカムゲインについて学びたい方は下記の記事を参考にしてください。

インカムゲイン

キャピタルゲインの良いところは、株の売却によって多額の収入を受け取る点になります。キャピタルゲインを狙って株式投資をしている人は大変多く、1度の売却で大きな利益を得られるのがキャピタルゲインの魅力になるのです。

インカムゲインを狙った株式投資は継続的な不労所得を受け取ることを目的としていますが、キャピタルゲイン狙いの投資は短期間で多額の利益を狙いたい方にお勧めです。

金融商品にはそれぞれ特徴があり、キャピタルゲインに特化した金融商品とインカムゲイン狙いに適した金融商品が存在するのです。

例えば、国債はインカムゲインに特化した金融商品になります。国債は満期まで待たなくても売却することが可能ですが、売却益を狙うのに適しているわけではないのです。元本保証が長所で、安定した不労所得が受け取れるのが国債の長所になります。

逆にキャピタルゲイン狙いに特化した金融資産も存在します。それは純金やプラチナといった、インカムゲインが発生しない金融商品です。

純金やプラチナは投資の対象として魅力的ですが、インカムゲインを狙うことはできません。なぜなら純金はいくら保有してもお金を生み出すことがないため、必然的にキャピタルゲイン狙いの投資に限定されてしまうのです。

では、株はどうでしょうか? 株式投資でよく論じられるのは、キャピタルゲインを狙うかインカムゲインを重視して堅実に儲けるかの2択になります。

株はとても独特な金融商品で、キャピタルゲインとインカムゲインを両方狙っても良いのです。

【株はバランスの取れた金融商品】

キャピタルゲインだけを狙う金融商品は、必然的に利益を出す手段が狭まってしまいます。資産を売却して利益を出すしかないため、インカムゲインを狙うことはできません。

しかし、株はインカムゲインを狙うことができます。配当金目的で株を購入し、株価が上がったらキャピタルゲインを得るために株を売却しても良いのです。

株はとても応用が利く金融商品になるため、キャピタルゲインが得られない状況でも利益を出すことができるのです。インカムゲインを重視しつつ、株価が上がったらキャピタルゲインを得るという戦略を採用するのがお勧めです。

キャピタルゲインだけに頼るのは良いことではありません。株式投資で幅広く儲けたければ、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を重視する必要があるのです。


スポンサードリンク