下降トレンド

LINEで送る
Pocket

下降トレンドとは、株価が下がり続けている株のことを指します。


株は安くなったときに買うのが1番良いと言われているので、下降トレンドに入っている株を買うのはある意味チャンスです。

しかし、株価が下がり続けている株は「この先も株価が下がる可能性が高い」ので、下降トレンドの株を長期投資すると大きな損失を被る可能性があります。

投資家心理を加味すると下降トレンドの株を買うのはお勧めできません。

株価が下がり続けている株を購入するのはよほどメンタルが強くないと無理ですし、「下がり続けている株はその後も株価が下がる可能性があること」を加味すると下降トレンドの株を買うのが有効というわけではないのです。

私がお勧めしたいのは「下降トレンドを脱した株」を買うことです。

株価を見てみるとよく分かるのですが、下降トレンドから脱した株は株価が反発するパターンが多いです。株価が反発した直後に株を買い、「その後の値上がりに期待する」という形で株を保有するのが下降トレンド株で儲けるポイントになります。

株は「下降トレンドだから売り、上昇トレンドだから買い」といった形で簡単に考えるのではなく、株そのものの能力を分析するのがお勧めです。

配当利回りが高い株は多額の配当金収入が期待できますし、割安性や成長力に長けた株は大きな株価の向上を期待することができます。

「トレンドに惑わされず、優良株だと感じた株を買う」のが株式投資で儲ける王道手法になります。

下降トレンドや上昇トレンドを気にするのは「テクニカル投資法」に該当するので、個人的な意見を述べればあまりテクニカル投資に走って欲しくないなぁと思います。

テクニカル投資よりも「株の実質的な価値」を徹底的に分析して今後株価が伸びる株を購入するのが賢明になります。

株価は人間の大衆心理が反映されているので、「下降トレンドに入っているからこの先も株価は下がり続けるだろう」と単純に捉えるのは危険です。下降トレンドに入っている株でも割安性に長けており、業績を伸ばし続けている優良株であれば積極的に株を買った方が良いのです。

逆に順調に株価を伸ばし続けている株でも「株としての能力」が低ければ投資を見送った方が良いです。

下降トレンド、上昇トレンドというものは短期で続くか長期で続くかは誰にも分かりません。

唯一分かるとしたら「業績を落とし続けており、株価も下がり続けている株」は、下降トレンドが長く続く傾向があるということだけです。

株は業績によって株価が変動するため、「下降トレンドが続いている業績低迷株」は危険だと捉えるべきです。

逆に優秀な業績を残している株が下降トレンドに入っている場合、いずれ下降トレンドから抜け出す可能性が高いので株を購入するチャンスと判断することができます。

下降トレンド株で儲けたければ「会社の業績」をしっかりチェックしてください。


スポンサードリンク