金融商品

LINEで送る
Pocket

金融商品とは銀行や保険会社、証券会社で取り扱っている商品のことを指します。株も金融商品に含まれます。


お金持ちになりたければ金融商品を得るべきです。事業所得だけでお金持ちになることも可能ですが、より効率的に儲けたければ金融商品に働いてもらうのがお勧めです。金融商品を購入することによって労働所得とは別の収入を確保することができるのです。

例えば、あなたは月収30万円を稼いでいたとします。毎月余った10万円を金融商品に投資することにより、月収を大きく増やすことができるのです。

月収30万円が限界の人も、金融商品の力を借りれば月収40万を得ることができます。投資金額が増えれば増えるほど自身の所得も増加するので、金融商品を通じて収入を上げるのは大変良いことです。

自分が働ける時間には限界がありますが、金融商品は限界がありません。

この世の中に存在する金融商品を全て購入するのは不可能です。買いきれないほど金融商品が存在するので、投資資金が豊富に余っている人も投資先に困ることはありません。

株は優秀な金融商品です。

金融商品の役割は「あなたの代わりにお金を稼いでくれること」です。金融商品を買うのは自分のためにお金を稼いでくれる優秀なパートナーを得るのと同じです。金融商品をたくさん購入すれば生活はどんどん豊かになっていくのです。

金融商品の利益額は投資金額の量に比例しますが、利益率の高い金融商品を狙えば投資資金が少なくてもたくさんお金を稼ぐことができます。その代表的な存在が株です。

金融商品を通じて上手に収入を高めたければ、リスクヘッジを行なうようにしてください。

株だけではなく国債や社債を購入したり、金やプラチナといった現物商品を買ったりすれば資産の幅が広がります。リスク分散を行なうことによって大損失を回避することができるのです。

また、危ない金融商品が販売されていることもあるので気をつけなければいけません。過度な広告を展開している金融商品は危険です。「和牛オーナー制度」をウリにして出費者を募っていた安愚楽牧場は資金繰りが上手くいかなくて倒産しました。

このように、甘い話に惑わされるのは危険です。よく分からない金融商品を購入するくらいなら、信頼性の高い株を買った方が良いのです。

株も様々なリスクを抱えている金融商品ですが、株の短所を補ってくれる金融商品を手に入れれば資産の防御力が増します。

現代社会で生き残りたければ金融商品について勉強するのが重要になります。訳の分からない金融商品を購入するリスクを避けるために金融商品について学ばなければいけません。


スポンサードリンク