現物ホルダー

LINEで送る
Pocket

現物ホルダーとは、現物株を保有している株主のことを指します。


私は信用取引を行なっておらず、全て現物で株を保有しているので現物ホルダーになります。「自分のお金を使用して株を買っている人」が現物ホルダーで、信用取引を通じて株を手に入れている方は現物ホルダーではありません。

私は現物で株を保有することをお勧めしています。

信用取引を利用しても良いのですが信用取引はとてもリスクが高く、追証が発生する可能性もあるので私は信用取引を推奨することはありません。しかも信用取引の場合、資金(株式)を借りる必要があるので借りている資金(株式)に利息がかかってしまうのがデメリットです。

株を借りているだけで貸株料を支払わなくてはいけないため、信用取引は長期戦には向いていないのです。

しかし、現物株投資は別です。

自己資金の範囲内で株を購入すれば利息が発生することはありませんし、自分の持ち株を貸し出して貸株料を得ることができるので「株を保有しているだけで不労所得が発生する」のが現物ホルダーの強みになります。

極端なことを言えばいくら含み損を抱えても問題ないのです。

含み損を抱えた株は含み損が解消されるまで放置すれば良いですし、放置している間は「貸株料や配当金を通じて収入を得る」のがお勧めです。

現物ホルダーの強みは「時間に制限されないで不労所得を生み出せる」ということでしょう。保有期間が長ければ長いほど儲かるのが株で、維持費が全く発生しないから現物ホルダーは株を保有しているだけで潤っていくのです。

現物ホルダーが大切にして欲しい思考は「短期の株価に惑わされないこと」です。

現物ホルダーの最大の強みは「株を保有しているだけで利益が出る」という事実です。

この事実をしっかり評価した上で株式投資を行えば、「現物株を保有するのがいかに素晴らしいことか」という現実に気づくと思います。

先程も申し上げた通り、信用取引は「株を借りる」のが原則になるので長い期間信用取引を続けると支出が大きく発生してしまいます。

しかし、現物ホルダーは「いくら株を保有しても支出が発生しない」のが利点です。

株式投資で長く儲けたければ「現物ホルダー」として多くの株を保有することをお勧めいたします。現物株をたくさん保有している人ほど不労所得が多く発生するので、長期戦に有利という法則が存在します。

「長期的に株で儲けたければ現物ホルダーになるのが1番良い」という事実を覚えておくのが賢明になります。


スポンサードリンク