決算ギャンブル

LINEで送る
Pocket

決算ギャンブルとは、企業の決算が発表される前に株を買い、「想定以上の決算結果」を期待して株価の上昇を狙う投資手法になります。


私の意見を申し上げると決算ギャンブルは勝率が低いのでお勧めできません。

決算ギャンブルの弱点は「想定以上の結果を残さないと株価が向上しないこと」です。想定より利益が減ったら株価が下がることが多いのですが、従来の予測通りに増益を成し遂げても「良材料出尽くし」という形で株価が下がることが多々あります。

要するに「多少良い決算を残しても株価は上がらない可能性が高い」ので、決算ギャンブルで儲けたければ想定以上に業績が良さそうな株を狙った方が良いのです。

ただ、決算ギャンブルという言葉の響きを見ても分かる通り、「決算を予測するのはかなり難しい」ので、決算ギャンブル目当てで株を売買するのは止めた方が良いです。

勝率がとても低い投資手法として有名なのが決算ギャンブルで、勝ち続けたければ決算に期待する投資戦略を採用しない方が良いのです。

特に新興市場の決算ギャンブルは本当に危険で、「想定以上に決算が悪ければストップ安が連発されることも珍しくない」のです。

特に成長力が期待されている企業が減益決算を発表した場合、驚くほど株価が下がってしまうので「決算期待で株を持つのはかなりリスクが高いこと」を覚えておいた方が良いです。

長期投資や中期投資を実行していると「決算が過ぎるまで株を保有する」ことはよくあるため、結果的に決算ギャンブルになってしまうと考えている方も多いのですが、長期投資の決算持ち越しと短期売買目当ての決算ギャンブルは別だと思った方が良いです。

決算ギャンブルは「好決算を期待して株を買い、決算が発表されたら株を売却する」のが定説になりますが、長期投資や中期投資は決算が発表された後すぐに株を売却するわけではないので、決算ギャンブルとは性質が違います。

とりあえず覚えておきたいのが「決算ギャンブルはとても勝率の低い賭けと同じ」という事実です。

サプライズ決算が発表されないと株価は上がりませんし、そもそもサプライズが発生することはほとんどないので分の悪い賭けになってしまうのです。

株式投資で安定して儲けたければ「決算ギャンブル」を行なわないことをお勧めいたします。


スポンサードリンク