株式分割

LINEで送る
Pocket

株式分割とは、発行済み株式数を増やす行為のことを指します。

私も株式分割を経験したことがあります。


上記の画像は私が保有しているビックカメラの株です。ビックカメラは元々1株単位で購入できる株だったのですが、株式分割を行なって発行済み株式数を100倍に増やしました。

「1株が100株になるんだから、資産価値は100倍になるのでは?」と、考えがちですがそれは違います。ビックカメラの場合、株式数が100倍に増えたのでその分株価も下がり、結局分割前と大して株価が変化していないのです。

もし、株式分割を行なっても1株当たりの配当金が変化しなければ、配当額は実質的に増えます。

株式分割が発生するのは良いニュースだと思ってください。

株式を分割することによって多くの人が株を買いやすくなるので、株の買い需要が高まって株価が上がりやすくなるのです。「株取引の流動性が高まる」ので株式分割を行なった株は個人投資家が参入しやすくなります。

1000円の株を100株保有しており、株式分割のお陰で株式数が2倍に増えた場合、株価は500円になりますが株数は200株に増えるので実質的に資産額は変化しません。

しかし、その後株式分割を行なったことが注目されて多くの投資家が株を買うケースがあります。

株式分割を行なう理由は1つです。

「株の流動性を高めるため」です。

りんごで例えて考えれば分かりやすいです。1個のりんごを半分に切ってもりんごの量は増えませんよね?


しかし、りんごをたくさん切れば多くの人がりんごを食べられます。株式分割も同じです。

要するに多くの人が買いやすい環境を用意するのが株式分割の主な目的になります。ライブドアは極端に株式分割を行なって多くの人から批判されましたが、個人的な意見を述べるとライブドアの行なった行動は批判の対象になりません。

そもそも株式分割を行なうのは違法ではないのです。

合法的に株式を分割して株の流動性を高め、個人株主を増やしただけなのでライブドアは何も悪くありません。

ライブドアが上場していたときは「株式分割しまくるというタブーを犯した」と批判されていましたが、その批判自体が的外れです。

株式分割を積極的に行なったお陰でライブドアは多くの株主から注目され、株価を上げたのです。株式分割を行なう会社は「流動性を増やし、株価を上げる意識が強い」と評価することができます。

「ライブドアは株式分割という手段を利用し、安易に注目されようとしたから悪い」と述べる人も多いのですが、それって本当に悪いことですか……?

大抵の企業は「注目されること」を目的にして株式分割を行ないます。株式分割を行なって株主を増やし、自社の知名度を高めるために株式分割を実行するのです。

自社株の流動性を気にしておらず、自社の注目度もどうでも良いと考えている会社は株式分割を行なう必要はありません。

株式分割を行なうのは「自社の注目度を高め、株価を上げようとする行為」になるので既存株主にとって良いニュースになるのです。株式分割を行なった後は株価が上がりやすいので、株式分割企業に注目して株を分析してください。

株式分割は悪いことではないのです。


スポンサードリンク