株式利回り

LINEで送る
Pocket

株式利回りとは、株に投資したときに1年間でどれだけのリターンを得られるか表す指標になります。


別名、配当利回りと言います。

株式利回りという言い方は一般的ではなく、どちらかと言うと「配当利回り」という形で配当額を計算する方が多いです。株式利回りという単語を使用しても問題ありませんが、広く使われているのは配当利回りであることを覚えなくてはいけません。

A社の株が1株500円だとして、年間の配当額が25円だとA社の株式利回りは5%になります。

株式利回りを調べると、「国債や他の金融商品とリターンを比較することができる」のがメリットです。

できるだけ株式利回りの高い株を買った方が良いのですが、株は「株価」という要素も加味しなくてはいけないので株式利回りだけを重視するのは危険です。

不労所得がたくさん欲しいと考えている方は株式利回りを重視してください。

株式利回りが高い株ほど「より効率的に不労所得を受け取ることができる」ので、投資効率がアップします。株を買ったら売らないという方針を貫いている方は株式利回りを徹底的に重視し、株式利回りの高い株を長期保有するのが得策になります。

株式利回りが高く、安定配当を支払っている株は「高配当株」として評価することができます。

こういう株はいずれ個人投資家の人気を集めるので株価が上がる可能性が高いです。

株式利回りを重視した投資を行なって「インカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙う戦略」を実施するのも面白いでしょう。

キャピタルゲインを重視する投資家は株式利回りを気にする必要はありませんが、「長期保有を通じて配当金を沢山受け取りたい」と考えている方は株式利回りは1番に注目したい要素になります。

基本的に株式利回りは「3%を超えていれば高い」と判断するのがお勧めです。

 


スポンサードリンク