マイナー株

LINEで送る
Pocket

マイナー株とは、まだ投資家から注目されていない株のことを指します。


私はマイナー株が大好きで、株式投資で儲けたければマイナー株を狙って投資した方が良いという持論を抱いています。マイナー株は出来高も低く、株自体ほとんど取り引きされていないことが多いのですがそれが良いのです。

投資の格言にこのような言葉があります。

「人の行く裏道に道あり花の山」

この格言は株式投資の本質を突いている言葉で、「人と違う道を通るから儲けられる」という意味になります。東証1部に上場しているメジャー株を買うのは「人の行く道を通る行為」です。

東証1部に上場しているメジャー株が悪いというわけではありません。マイナー株にはマイナー株の良さがあり、メジャー株にはメジャー株の良さがあるのです。

人と違う道を歩んで大儲けしたければマイナー株を狙って長期投資すべきです。マイナー株は1度注目されると株価を爆発的に上げることができるので、大きな売却益を狙っている方にとってお勧めできる株になるのです。かの有名なソフトバンクも最初はマイナー株からスタートしました。

ソフトバンクは今では立派なメジャー株になっていますが、どんな企業でも最初はマイナーの立場からスタートするのです。目立っていないから悪いということはなく、将来メジャー株になる可能性のあるマイナー株に投資して大金を狙うのは「マイナー株投資の魅力」になります。

安定した業績を維持している大企業の株を狙うのも悪くありません。こつこつ儲けたい方は安定株を狙うべきですが、大きくドカンと儲けたい方はマイナー株投資を検討しましょう。マイナー株は東証2部の上場している株を中心に探せばごろごろ見つかります。

【マイナー株は長期投資と相性が良い】

マイナー株投資で儲けたければ、マイナー株が注目されるまで長期保有するのが得策になります。ほとんど出来高のないマイナー株でデイトレードする意味はありません。マイナー株は長期投資に向いていますが、投機には向いていないのです。

マイナー株は古き良き時代の株式投資を意識させてくれる存在です。インターネットが普及していなかった時代ではデイトレードを行っている人はほとんどおらず、長期投資が主流を占めていました。

大きな財産を築いた方はマイナー株に投資することが多いという法則があります。

マイナー株がメジャー株になると投資家は驚くほど儲かります。セブンイレブンの株が東証2部に上場したときに200万の投資資金で株を買っていれば、26年後には1億円以上の資産になっていたというのは有名な話です。

セブンイレブンやヤフー、ソフトバンクのように1流企業になる株を探して見つけるのはマイナー株投資の楽しみになります。投資金額が少ないけど、将来莫大な資産が欲しいと思っている方は将来有望なマイナー株に投資してみましょう。マイナー株投資に成功すれば、株式投資だけで大金を掴むことは可能です。


スポンサードリンク