マネーゲーム

LINEで送る
Pocket

マネーゲームとは、短期間で利益を得ることを目的にしてお金を運用する行為を指します。


具体的に言うとFXをやったり、デイトレードやスイングトレードをやったりするのはマネーゲームになります。私も時折スイングトレードにチャレンジしていますが、これもマネーゲームです。

マネーゲームは「博打」と批判されることが多いのですが、私もこの意見に同意します。

特にFXは上がるか下がるかを予想するゲームなので、丁半博打と大差ないのです。デイトレードやスイングトレードも同じです。スイングトレードは「投資家心理を読んで儲ける」というのが肝心になりますが、どちらにせよ博打要素が強いのは否定できません。

「株式投資もマネーゲームだろ」と批判する人も多いのですが、それは極論です。

割安株や成長株に投資して株を長期保有するのはマネーゲームではありません。株式投資そのものがマネーゲームと言われるのであれば、この世に存在している全ての投資はマネーゲームになります。

「お金を運用している時点でマネーゲームだ」と決めつける人もいるのですが、それを言うと資産運用は全てマネーゲームになってしまいます。極論を言うと国債を買ったり、社債を買ったりするのもマネーゲームになるので資産運用はマネーゲームではないのです。

「短期間で利益を得ようとする行為はマネーゲーム」と思ってください。

マネーゲームに対する批判は根強いのですが、私はマネーゲームを悪いと思っていません。

例えば株をデイトレードするときも「自分のお金を使用して株を買っている」ので、デイトレーダーはそれ相応のリスクを背負っているのです。マネーゲームで失敗したら資産を減らすことになりますし、法律的にも問題ありません。

「マネーゲームに参加している人間は非生産的で、社会に貢献していない」という意見も存在します。

確かにマネーゲームを通じて利益を得るのは非生産的です。しかし、「デイトレードやスイングトレードを行なう人がいるお陰で株式市場の流動性が高まっている事実」を評価しなければいけません。

株を頻繁に売買する投機家がいないと株取引を行なうのが難しくなります。

私はデイトレーダーやスイングトレーダーは必要な存在だと思っており、現在の経済社会にしっかり貢献していると考えています。

マネーゲームに興じている人も売却益を出したら税金もしっかり支払っていますし、取引手数料も証券会社に払っているので経済活動に参加しているのです。

確かに生産活動は行なっていませんが、マネーゲームを行なっている人がいるから株式市場の流動性が維持されているのです。

「マネーゲームに没頭している人は社会の役に立っていない!」と決めつけるのはいかがなものでしょう。投機家は実際に見えないところで役立っているので、マネーゲームを行なっている人は悪くないのです。

マネーゲームで勝ち続けるのは非常に難しいので、マネーゲーム常勝者の取引手法を学ぶのは参考になります。

デイトレードで利益を得続けている人の大半はメンタルが強いので、マネーゲームで利益を得ている人の考え方を学ぶのは非常にお勧めです。


スポンサードリンク