成行注文【なりゆきちゅうもん】

LINEで送る
Pocket

成行注文とは、「いくらでも良いから株を買いたい、いくらでも良いから株を売りたい」というニーズを満たす注文方法になります。


株を即座に入手したければ成行注文を利用するのがお勧めです。

株を買うときは「成行注文」と「指値注文」の2種類の注文形式が存在します。成行注文は「値段は自分で決められないけど、すぐに株が手に入る」というメリットがあります。

成行注文を実行すると「大抵、すぐに株の売買が成立する」のが利点です。

ただ、予想以上に高い値段で株を買ってしまったり、予想以上に安い値段で株を売ってしまったりすることもあるので成行注文に頼るのは良いことではありません。

特に出来高が少ない銘柄で成行注文を実行するのは危険です。

出来高が少ない銘柄でたくさん株を買おうとすると、「予想以上に株価が上がって高値掴みをする可能性がある」のが難点です。自分の好きな値段で株を買いたければ指値注文を選択してください。

 

成行注文は「株価を気にしないで株を売買したい投資家」に向いている注文方法です。

出来高が多い銘柄の場合、成行注文を選択しても構いません。東証1部上場企業の銘柄を対象に数十万円単位で株を取引する場合、成行注文を実行してもありえないほど株価が上がることはないのです。(よほど出来高が低い銘柄なら別です)

「買いたいときに株を買うことができ、売りたいときに株が売れる」のが成行注文の長所ですが、売買するときの株価を指定できないのはリスクだと考えるべきです。

「いくらでも良いから売りたい(買いたい)」と考えていない限り、成行注文は実行しない方が良いでしょう。

自分で株を買ったり売ったりする価格を指定したければ指値注文を利用すべきです。


スポンサードリンク